こんにちは。SHINPEIです。

 

いきなりですが、こちらは去年の冬のベッドルームの様子。

 

ベルメゾンさんのラブザリネンシリーズをベースに、loomerのウールベッドカバーを掛けて、ピローケースはアクメファニチャーさんで購入した、ミリタリーライクなものをアクセントにしてました。

 

この風景、これはこれでいいんですが、この冬はちょこっと変えてみました。

どう変えたかというと、loomerのベッドカバーははずして、ピローケースもラブザリネンシリーズに統一。

つまり潔く、オールホワイトのスタイリングにしたってわけです(まぁタイトルどおりなんですが)

 

ラブザリネン ベッドメイク

メインで使ってるまくら用に、50×70cmのピローケースを新調。

購入したてならではの、シャリっとした肌触りが心地よいです。

これが何度か洗ううちに、くたっとした、肌馴染みのよい感触に変わっていくんですが、その過程も楽しい。

 

こちらをさっそくセット。こんな感じの風景になりました。

 

ラブザリネン ベッドメイク

すっきりさわやか。清潔感あふれる光景です。

オールホワイト、とはいったものの、アクセント的にbfgfのクッションを横に置きました。

偶然ですが寝顔のイラストが妙にマッチしてますね(笑)

 

このスタイリングをするにあたって、すこーし悩んだことが2点ほどありました。

まず1点目、ピローケースを白にすると、汚れが目立つんでは?ということ。

これは逆転の発想で、汚れが目立つということは、洗濯をマメにする(せざるを得ない)ということ。

ということはいつも清潔さをキープできますし、そのほうがなんか、前向きな感じしますよね。

 

そして2点めは、ウールのベッドカバーをはずしちゃうと寒くないのか?ってこと。

これ結論からいうと、ぜんぜんOKでした。

いまつかってる掛け布団はmofua

去年購入したものですが、これがすこぶるいいんですよね。

めっちゃあったかいし、おまけに軽い。

 

そんなmofuaの上にベッドカバーを掛けちゃうと、せっかくの軽いっていうメリットをスポイルしちゃうんで、これはちょっともったいない。

もちろんあったかさは増すんですが、逆に夜中に暑くなって蹴っ飛ばしちゃうことも。そうなると本末転倒ですしね。

 

ラブザリネン ベッドメイク

で、これも逆転の発想といえばそうなんですが、冷え込みが厳しい夜は、ウールブランケットをこんな風に下に敷いちゃいます。

これだけでとってもあったかいし、mofuaの軽さも活かせます。

このmofua&ウールブランケット下敷きのコンボ。

ほんと快適であったかいのでぜひぜひ試してみてください。

 

降り積もった雪のような、すっきりとしたホワイト。

まわりのグリーンもよりさわやかに映ります。

 

そんな、ぼく自身はじめての、オールホワイトのベッドメイク。

見た目的には、うーんどうなんでしょう、正直ちょっと物足りない感はあるかもですかね。

いろんなカラーやデザインのファブリックしたい気持ちも当然あるんですが、眠りに対しての効果が下がってしまうのはちょっと考えもの。

とりあえずこのベッドメイク、いまのところはかなり快適。もうしばらくは楽しみたいと思います。

 

 

ラブザリネン ベッドメイク

にしても冒頭の写真と比べると、植物の密度がぜんぜん違うなぁ、、(笑)

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend