こんにちは。SHINPEIです。

 

デザイナーさんや職人さんによってつくられたオブジェやプロダクトはもちろん大好きですが、石や流木、骨などの自然物も大好きです。

結構前ですが、こんなブログを書いたこともありましたしね。

 

海外のビーチで拾った石や、流木、サンゴ、水晶、鹿の角など、ぼくの部屋にはいろんな種類の自然物がちらほら。

そしてその中に、またあらたなものが仲間入りしました。

それはこちら。

 

貝 out of museum

ドリルみたいなフォルムの、小ぶりな巻貝の殻。

まぁ別段、そこまで珍しいものってわけじゃないんですが、いざ手にとってまじまじと眺めていると、あらためてその不思議な造形に魅了されちゃいましたね。

 

貝 out of museum

なんていうか、ずっと見てると、自然がつくったこの規則性に、胸がざわつくような不思議な感覚になります。

 

貝 out of museum

反対側はこんな感じ。

主のいない、ある種の虚無感みたいなものも漂ってて、それがまたノスタルジーを誘います。

 

そんな巻貝の殻を購入したのは、羽根木のout of museumさん。

訪れればわかる、説明不要のその圧巻の様子は、初訪問時のこちらをご覧いただければおわかりかと思います。

 

2度目の訪問のきっかけは、インスタで拝見したこちらのポスト。

 

1/24から26までの3日間、フリーマーケットが開催されるとのことで、はやる心を押させて行ってきました。

 

貝 out of museum

もちろん初日に訪問させていただきました。

普段はアイテムを並べてないこのスペースにもいい意味でクセの強いアイテムがならんでましたよ。

 

貝 out of museum

先制パンチとばかりに、まず目に飛び込んでたのはバッファローのトロフィー。かなりのインパクトです。

9時オープンのこちらのフリマ。

お昼くらいに行ったんですが、かなりの盛況でしたね。

 

そんなout of museumさんのフリマは今日26日まで。

商品も入れ替わってるとのことなので、今日もこれからお邪魔しようと思ってます。あー楽しみ。

 

あ、あと、冒頭の巻貝の殻の他にもいくつか購入させていただいたんですが、それらはディスプレイしたあと、またあらためてご紹介させていただきますね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend