こんにちは。SHINPEIです。

今日も昨日に続き、玄関先ガーデンのアップデートのお話。

装飾モードが止まらないんです(笑)。

 

 

少しさかのぼって、新木場のCASICAさんを訪れた時のこと。

マグ入りのセダムや、雰囲気ある色味の鉢など、こちらならではのアイテムを購入。ご紹介させていただきました。

 

CASICA マグカップ 植物

 

CASICA 鉢

 

ご紹介が遅れちゃったんですが、実はもうひとつ購入させてもらったものがあったんですよね。

それはこちら。

 

どーん。はい、ご覧の通りの流木です。

これ、けっこうな大きさで迫力あります(持って帰るの重かった、、)

 

このワイルドな木肌。うーん、たまりません。

 

まるで化石のような、先っぽのゴツゴツ具合もグッときます。

 

さてさて、そんな流木をいったいどこに飾るか。

余談ですがなにかモノを購入する時って、それを購入してから飾る場所を決める場合と、あらかじめ飾る場所を思い描いてから購入する場合の2パターンあると思うんですけど、こちらに関しては完全に後者。

あそこに置いたら絶対あうだろうなーって場所がありました。

 

それが玄関先ガーデンに置いたベンチの下。

ちょうど良さげなサイズ感だったんですよね。

さっそくですが置いてみました。こんな感じ。

 

ベランダガーデン 装飾

うん、ぴったりですね。

昨日ご紹介した錆びたアイアンのホルダーや、ミルクカンとの相性もバッチリ。

 

手前に置いたアスパラガス・スプレンゲリーロータス・ブリムストーンとのレイヤー感がまたいい感じです。

 

ベンチの下は日陰なので、極力植物は置きたくない場所。

なのでこういう流木を置いたり、はたまた鉢を並べたりとかのディスプレイが効果的ですよ。

 

ベランダガーデン 装飾

アイアンホルダーや欠けた鉢と同じくこの流木も、あくまでラフに、さりげなく置くのがポイント。

しかし流木って、なんでこんな置くだけで絵になるんだろう、、どんなオブジェにも負けない力があるアイテムです。

 

ベランダガーデン 装飾

引きで見るとこんな感じ。

この流木を飾ることで、余白を埋めつつも雰囲気アップにつながりました。

やっぱり朽ちた雰囲気のアイテムは、屋外のグリーンディスプレイを引き立てるのに最適です。

 

CASICAさんにはまだまだいろんな形の流木がたくさんあったんで、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend