こんにちは。SHINPEIです。

ぼくはわりとコーヒー好きで、家では豆を挽いて淹れています。

今日はそんなコーヒー豆の保存方法について。

、、の前に、豆を購入しているお店。それはこちらです。

 

三軒茶屋のOBSCURA COFFEE ROASTERSさん。

こちらは三軒茶屋で3軒、広島で1軒のショップを運営されています。

ぼくはオープン以来ずっとこちらの豆のファン。深入りのグァテマラ一辺倒です。

 

清潔感があってすっきりしつつもセンスの良い内装デザイン。

こちらはカフェというよりラボラトリー的な要素が強いので、テイクアウトや豆の販売が主です(三茶の別店舗にはカフェメインのお店もあります)。

 

さて本題に戻りましてコーヒー豆の保存方法。

ぼくはそんなオブスキュラさんの、こちらのキャニスターで保存してます。

 

マットなブラックのボディにゴールドの文字がかっこいい。シックなデザイン。

コーヒー初心者の頃は、豆を購入したときの袋のままで保存していたのですが、このキャニスターにしてからは鮮度の持ちが全然違います。

しかもこのキャニスターを持っていくと、100gにつき50円割引になるんですよね。

コーヒーをずっと切らせないタイプの方は買わない手はないでしょう。

 

そしてインテリア映えするのがこのキャニスターの良いところ。

ぼくはこうやってプエブコさんのワイヤーボックスに、関連グッズをガサッといれてます。

サイズは2種類あるのでお好みのサイズで。

ぼくはスペースの関係上ちいさいのを使ってますが、大きいほうは一緒に観葉植物を入れたりしてもかわいいですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PUEBCO(プエブコ) ワイヤーボックス Mサイズ
価格:2376円(税込、送料別) (2018/10/4時点)

 

 

ちなみに計量スプーンはこちらを使ってます。

 

古き良き昭和感溢れるレトロなデザインがベストマッチ。

 

いい香り!普段はこうやってキャニスターの中に入れっぱです。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥704 (2019/10/16 01:30:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただ、豆の持ちが違う、といってもあくまで袋と比べると、の話。

いずれにせよなるべく早めにお召し上がり頂くに越したことはありませんのであしからず。

 

コーヒーライフを豊かにしてくれる、目と舌にやさしいオブスキュラさんのキャニスターでした。

 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend