こんにちは。SHINPEIです。

 

うちの玄関先に飾ってる、シンボルツリーのオリーブ・チプレシーノ。

 

ロータス・ブリムストーン 

その根元にはいろいろな植物を植えてて、けっこうにぎやかです。

その中でも特に旺盛な生長っぷりを見せてくれてるのが、地中海原産のロータス・ブリームストーン。右側の子ですね。

ちょうど1年前の購入時から、その育てやすさと旺盛な生長具合は知ってたんですが、いやはや、想像以上でした。

 

ロータス・ブリムストーン 

これは今年の2/19の様子。

ごらんのように、新芽が鮮やかなイエローなのが特徴です。

そして根元の方をよく見ると、、

 

ロータス・ブリムストーン 

わ、子株がさらに生えてきてます。すごい。

これが短期間でわさわさに茂る理由なんですね。

 

ロータス・ブリムストーン 

そこから約1ヶ月後の3/17。

新芽の数が増えて、黄色がより鮮やかになってきてますね。

何がすごいって、まだまだ寒い時期なのにこれだけ生長をするってところ。

 

ロータス・ブリムストーン 

根元の子株も順調に育ってきてます。

 

ロータス・ブリムストーン 

さらに10日後の3/28。

前回からさして日が経ってないんですが、明らかにボリューム感が増えてます。

落として割ってしまった、陶器のガチョウの頭もひょっこり。

 

ロータス・ブリムストーン 

そしてこれが最新版ですね。先日の様子です。

ボリューム感だけじゃなく、あきらかに長く伸びてきてるのがわかります。

 

ロータス・ブリムストーン 

子株の伸び具合もいい感じ。

 

ロータス・ブリムストーン 屋外

いったん引いて見てみましょう。こんな感じです。

ブリムストーンもすごいけど、他のセダムユーフォルビア・ミルシニテスもすごい育ちっぷりですよね。

それはまた別の機会にご紹介させてもらおうかな。

 

そんなロータス・ブリムストーン。

冒頭でもお伝えしたように、購入したのはちょうど1年前。

ここでわかりやすく、1年でどれだけ生長したかを見てみましょう。びっくりしますよ。

1年前の様子はこちら。

 

ロータス・ブリムストーン ディスプレイ

もうこれを見るだけで説明不要。どれだけ育てやすい植物かおわかりいだだけると思います。

 

そんな、たった1年で信じられないくらいの生長ぶりを見せてくれたロータス・ブリムストーン。

屋外ガーデンに丈夫で育てやすい植物をお探しの方に、あらためておすすめしたいですね。

ただ、どこまでわさわさになっていくのか、若干心配になってくるレベルですが(笑)

 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend