こんにちは。SHINPEIです。

 

こないだのブログで、新木場のCASICAさん訪問時に購入した鉢をご紹介させてもらいました。

 

casica 鉢

 

深海から引き上げたような、独特のテクスチャーが雰囲気あるこちらの鉢。

実はこの鉢のほかにも、もうひとつ購入したものがありまして、今日はそちらのご紹介。

さっそくですがそれはこんなプロダクトです。

 

水田典寿 ミラー

ペンキが剥がれ、朽ちた表情が魅力的な、小ぶりな木のミラー。

一目見た瞬間、『あ、これは好きなやつだ』って思いました(笑)。

それもそのはず、タグに書かれてたのは『水田典寿』の文字。まじか!

みなさまご存知でらっしゃいますでしょうか。

水田さんは相方さんの小林寛樹さんとantos(アントス)という造形ユニットを組まれてるインテリアデザイナー、、というより職人、またはアーティストといったほうがしっくりくるかも。

12年くらい前でしょうか、ぼくがインテリアに本格的にハマるきっかけとなった、タレントのちはるさんの本にお二人が登場なさっていて、その世界観に衝撃をうけたものです。

時を経て、まさかこんなタイミングでその作品に出会えるとは。ちょっと感慨深いものがありましたね。

 

水田典寿 ミラー

水田さんの作品は経年劣化したシャビーな風合いが魅力。ごらんのとおりのリアルな朽ち具合です。

どこかで小耳にはさんだんですが、劣化は加工じゃなくて、一度作ったものをあえて屋外の風雨にさらし、自然の力にまかせてるとか。

このミラーもそうやって製作されてるのかもしれません。

 

水田典寿 ミラー

裏面はこんなふうになってます。

壁に掛けることも、立てかけられるよう、スタンドがついているのがやさしい。

 

そんな水田さんのミラー。

CASICAさんには他にもいろんなサイズのものがあって、もちろんそれぞれが一点もの。

これは次回訪問時、またいくつか購入しちゃいそうですね(笑)

みなさまもぜひ、その唯一無二の世界観に触れてみてください。

 

それにしても、これは飾りたい場所がたくさんありすぎて悩むな、、(笑)

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend