こんにちは。SHINPEIです。

 

テーブルの上に何も置かずすっきり暮らすってのもいいですが、邪魔にならない程度にさりげなく飾ってみるのも、それはそれで楽しいものです。

うちでは最近、カラテア・マコヤナと、購入したてのSTOFF Nagelのキャンドルホルダーが脇を彩ってくれてます。

 

STOFF Nagel ディスプレイ

 

このSTOFF Nagel。分子モデルみたいな美しいそのフォルムは、オブジェとしても立派に成立するんですが、やっぱりキャンドルをあわせたいところ。

専用のキャンドルがあるんですが、あいにく購入したI'M OKさんではお取り扱いはなしでした。

そもそもその専用キャンドル、12本入りで1650円とそこそこのお値段。

オンライン購入だとそこに送料もかかりますしね。

 

なので代用できそうなキャンドルをいろいろとリサーチしてみて、これはいけそうかも、と思ったものを購入。

それはこちらです。

 

そう、日本のカメヤマローソク。

オーセンティックなそのパッケージデザイン。にしてもこんなにシンプルでしたっけ?

でも一目見てすぐわかる、視認性の高いデザインですよね。

 

ごらんのとおりの、ザ・ローソクな見た目。

ただSTOFF専用キャンドルのマットな質感と色味にくらべて、こちらは正直、ちょっとパキッとしすぎてる感は否めないですね。

ただまぁお値段は安いです。12本入りで450円と、専用に比べると約1/4。

ヨドバシさんなら送料無料ですしね(神!)

翌日ポストに入ってるっていうお手軽さも魅力です。

 

STOFF Nagel キャンドルホルダー

さっそく立ててみました。

差し込める穴はこの組み方だと全部で6つあるんですけど、あえて1本だけにしました。

なんとなく、好きなバランスなんです。

 

肝心の差込口のアップ。ごらんのとおりぴったり、、ではないです。残念ながら。

ほんとに、ほんのすこーーしだけ、キャンドルのほうが大きいですね。いやほんと、0.数ミリの世界。

なので若干ですが、むりやり押し込むような感じです。

このカメヤマローソクは5号で、直径13cm。

ワンサイズ小さい4号は12cmとのこと。

たぶん12cmだとちょっとスカスカ感あるんじゃないかなぁ。その間があればぴったりなんでしょうね(笑)

 

STOFF Nagel キャンドルホルダー

とはいえもちろん、入らないことはないし、倒れる心配もなさそうです。

燃焼時間は3時間。お値段的なことを考えると、選択肢のひとつにするのはアリかなと思いますね。

ただやっぱり専用のほうも一度は試してみたいんで、ショップに入荷した時は購入して、比較してみたいと思います。

 

STOFF Nagel キャンドルホルダー

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend