こんにちは。SHINPEIです。

 

わりと長いあいだ気になってましたが、先日とうとう購入したこちらの植物。

 

ベゴニア・マクラータ

ベゴニア・マクラータ

 

一目瞭然のその特徴は、まるで描いたかのようなドット柄。

今日は植物界きってのおしゃれさんなこちらの植物を、お部屋にディスプレイしてみました。

 

 

ベゴニア・マクラータ ディスプレイ

その前に鉢のセレクトを。

植物自体がとっても個性的なんで、鉢はシンプルで素朴なものにしました。

柄on柄的な発想もときにはいいですが、ここはやっぱり特徴を最大化させてあげたいところですね。

例えるなら、柄物のシャツにさらっとデニムを合わせるとでもいいますか。

 

ベゴニア・マクラータ ディスプレイ

そして肝心の飾った場所ですが、ここにしてみました。

リビングルームとベッドルームの間のスペースです。

ここにはもともとフィカス・バーガンディカラテア・ワルセウィッチミルクブッシュなど、個性的な植物たちが集まってるところ。

そこにあえて加えることで、アクセント的な役割になってもらうことにしました。

特徴的な植物たちの中にあっても、やっぱり異彩を放ってますよね。

 

ベゴニア・マクラータ ディスプレイ

ここは時間によってはスコーンといい光があたる場所。ドットも見せがいあります。

いやー、何度見てもほんとおしゃれだな(笑)

 

ベゴニア・マクラータ ディスプレイ

上から見るとこんな感じです。

それぞれに違った葉の雰囲気が楽しめて、見ごたえのある風景になりました。

 

そんなベゴニア・マクラータのディスプレイ。

今回はあえて植物たちの中に紛らせるようにしましたが、もちろんその特徴を活かして、単体で飾るのもぜんぜんアリです。

白壁の前にスツールを置いて、その上にポンと飾ったりとかなんていいですね。

ほんと飾りがいのある植物なんで、これからいろんなディスプレイを楽しんでいきたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend