こんにちは。SHINPEIです。

いつの間にやら、もうすっかり冬。

10月の台風やなんやで、なんだか秋をすっ飛ばした感のあるこの頃。

遅ればせながら、こちらのプロダクトがクローゼットより参上です。

 

BRUNO ノスタルストーブ 

そう、去年購入した、BRUNOノスタルストーブ

冬の暖房器具になかなか満足できず、いろいろ試行錯誤しながらたどりついたこちら。

やっぱり調子いいですね。

 

ざっとおさらいさせて頂きますと、このノスタルストーブ。3つの優秀な機能をそなえてます。

まずはカーボンヒーターを使ってるので、一般的なハロゲンヒーターに比べて、あたたかさは2倍

2つ目は中にファンを搭載して熱風を送りだすんで、熱だけよりも効率よくあたたまります(ただ風はそんなに感じません。あくまで補助的な役割ですね)

そして3つ目。何気にすごいのが立ち上がり数秒であたたかくなるスピード。これが寒い冬の朝の起き抜けに重宝するんです。

気になる電気代は1時間あたり13.5〜27円と、ふつうの電気ストーブと同じくらいですが、上の3つの機能のおかげで、だいぶコスパがあがるんじゃないかと。

 

BRUNO ノスタルストーブ 

うしろ姿。持ち手がついててやさしいですが、ぼくは頭をガッと持っちゃいますね(笑)

 

シンプルかつレトロな、ボトムのデザイン。

中央についてるのは人感センサー。

人がいなくなって一定時間経つと電源が消え、戻ると再びつきます。

電気代の節約や事故防止になりますね。

もちろんセンサーのオフは可能です。

 

トップにはBRUNOのロゴ。これがデザインのアクセントになってます。

ちなみにBRUNOは、インテリア雑貨メーカーのイデアインターナショナルさんのオリジナルブランドです。

一瞬海外メーカー?って思いますよね。

 

BRUNO ノスタルストーブ 

そしてぼくがこのノスタルストーブを気に入ってる最大の理由。

それはこの、インテリアへのハマり具合!

ぼくの部屋のような昭和レトロなお部屋や古民家にぴったりです。

アラジンストーブを彷彿とさせるノスタルジックなデザインは、植物との相性もいいですね。

 

BRUNO ノスタルストーブ 

持ち運びしやすいんで、料理をする際は手軽にひょいっと連れていけるのも魅力。軽いですしね。

 

ぼくが愛用させてもらってるカラーはカーキですが、どうやらもうすでに販売終了されてるみたいですね。

現在はブラウングレージュの2色展開のようです。

カーキに近いのはブラウンのほうかな。

正面の格子部分はブラックから、古びた真鍮っぽいカラーに変更されてて、さらにノスタルジックな雰囲気になってますね。

 

ぼくの部屋は植物がたくさんなので、なるべく暖房はつけたくありません。

なので昨年とおなじくこの冬も、ノスタルストーブ+loomerのブランケットで乗り越えたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend