こんにちは。SHINPEIです。

前にCasa BRUTUSの2019年7月号『理想の暮らしが買える店』特集でその存在を知って以来、興味が日に日に増していったショップがあります。

 

そのショップの名前はCASICA(カシカ)さん。

不思議な響きの名前。おそらく『可視化』からきてるんでしょうね。

誌上で目に飛び込んできた緑あふれる様子や、倉庫を改装したというロケーション。そしてアンティーク家具や雑貨、グリーンまで網羅した、あまりにツボすぎるスタイルなどなど、魅力的な要素が盛りだくさんのCASICAさん。

今まで存じ上げなかったのが恥ずかしいのですが、これは絶対行かねば、ということで、ようやくお伺いしました。

 

で、さっそく結果から言いますと、CASICAさん最高でした。

そのおかげで写真を撮りまくっちゃいまして(撮影許可、ありがとうございました)、ひとつにはまとめきれなさそうなので、それぞれテーマを変え、全部で4回にわたってお話しさせていただきたいと思います。

 

第1回目のテーマは『エントランスとグリーンコーナー』

それではさっそくいってみましょう。今日はわりと見ごたえありますよ(いつもゆるいですからね笑)

CASICAさんがあるのは新木場の倉庫街。

ふだん渋谷区や世田谷区が活動拠点のぼくには、あまりなじみのある土地とはいえません。

でもだからこそ、ちょっとした旅行気分があじわえてテンション上がりますね。

 

 

新木場駅から南へ歩くこと約3分。思ったより近い印象。

セブンイレブンさんのすぐそばにどーんとそびえるこの外観。

 

錆びれた外壁と、それを侵食する植物たちがつくりだす、退廃的だけど力強い風景。

微妙に葉色が違うもので構成してあるので、風景に奥行きとか立体感があります。

 

寄ってみるとさらにど迫力。

こちらがオープンして2年弱の間に成長して、さらに自然でこなれた表情になってきたんでしょうね。

 

ふと横をみるとこんなテラスがあります。こりゃいい雰囲気。

この時期はさすがに暑そうですが、春先や秋頃はここで絶対ビール、ですね。

 

ニューサイランでしょうか。こんな大きいのははじめて見ました。

シダ系も多用してて、こちらの植栽バランスにはなんとなく、『湿度』を感じます。

ヨーロッパやオーストラリアじゃなく、アジアですね。

 

そんな素敵なエントランスガーデンに、なんのてらいもなくぽつんと佇む、味わい深い手押し車。

植物で飾りたくなるところですがそれをせず、単体で置いてあるのが妙にいさぎよく感じてしまいました。

これ、できそうでできない引き算では。

 

ひととおりエントランスを鑑賞したら、さあいよいよ、この渋く重厚なドアを開けて店内へ。

 

入ってすぐにレストランスペース(これはまた後日お話ししますね)。

そこを左に進むと上のようなグリーンコーナーが見えます。

植物好きはやはりここに一番最初に向かっちゃいますよね(笑)

 

どんと鎮座する象徴的なアイアンのシェルフにはサボテンが。

鉢のデザインも全部バラバラ。そんなとこにこだわりを感じますね。

 

casica 新木場 グリーン

そのすぐ横にもサボテンやユーフォルビア。

実はこの中から一点購入させてもらいました。それが何かはまた後日お話ししますね。

 

サボテンだけじゃなく、こんな大鉢もあります。シンボルツリーに良さそうな爽やかさ。

すぐ左のコンシンネといい、すこし彫刻的な要素のある植物中心のラインナップに感じました。

 

CASICAさんのグリーンコーナー、ほんと全てにわたって光が豊富。

植物への愛をひしひしと感じます。

 

こういうテクスチャーのある木をさりげなく使うの、いいですね。

その前に置くのがタマシダってのがこれまたいい。

 

植物の洪水の中、ふいに登場する雰囲気のある地球儀。ナイスセンス。

 

ハンギングものも充実してました。

先日ご紹介させてもらった、ぼく的『窓際のエース』(笑)の、リプサリス。

吊り方も独特でかっこいいです。

窓際のハンギングってジュートのプラントハンガー一択になって、バリエーションが乏しくなりがち。

そこにこういうちょっと変わった方法をスパイス的に盛り込むと、表情が活き活きします。

 

驚愕したのはこちら。すごすぎる。あまりに巨大なビカクシダ。

ぼくが見た中ではおそらく過去最大ですね。

これだけでかいと貯水量も多いでしょうから、水やり頻度は意外と少ないのかも(知らないですけど)。

 

こうしてみるとその巨大さが伝わるかと。

元倉庫という特性をうまく利用した、贅沢で効果的なディスプレイ方法です。

 

ビカクシダといえば、印象に残っているこのディスプレイ方法。

円状のワイヤーを壁に掛けて、さらにそこに引っ掛けるってスタイル。

アートフレームに入れるのと同じような視覚効果を感じます。うまいな。

 

もちろん鉢もたくさん扱ってらっしゃいます。

ぼくは気に入った鉢があれば、中の植物は決まってなくても購入する主義。

シェルフなんかにいくつかラフに並べても、それはそれでいい景色になりますしね。

もちろんこの日も、この中から一点購入しました。

それが何かはこれまた後日。

 

いやー、エントランスとグリーンコーナーだけでけっこう長くなっちゃいましたね。

明日はまたテーマを変えて、おなじく画像たっぷりでお伝えしたいと思います。

これがまだしばらく続くって、CASICAさんの充実度、推して知るべし、ってとこじゃないでしょうか。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend