こんにちは。SHINPEIです。

最近のいちばんの楽しみの、この玄関先のシリーズ。

前々回にシンボルツリーのオリーブ・チプレシーノが入ったことで、全体の方向性がはっきり見えてきました。

 

そしてあらゆる植物の中でもトップクラスにタフな(SHNPEI調べ)、ユーフォルビア・ミルシニテスの花が咲いたのが前回。

 

そして今日は、ここに仲間入りした新しい植物のお話です。

それはこちら。先日ご紹介したロータス・ブリムストーン

 

ロータス・ブリムストーン ディスプレイ

イエローがかった明るいグリーンのグラデーションが美しいこちらの植物。

昨日もお伝えしたように、爽やかなその見た目とは裏腹にとってもタフ。

真夏の日光にも、冬の寒さにも耐えられます。

 

そんなブリムストーンを、青山のグランピエさんで購入した素焼きのポットにIN。

このポット、やっと出番がきましたね(笑)。

ただ、まだまだ寒いので植え替えはなしで。

 

こんな素直な表情のポットは、ベランダガーデンなどの屋外にぴったりです。

 

さて、置いた場所はこちら。

 

ロータス・ブリムストーン ディスプレイ

オリーブの鉢の中、ユーフォルビア・ミルシニテスの隣へ。

ラフな植物同士、にぎやかな雰囲気になってきました。

直接植え込んでも良いんですが、しばらくはこんなざっくばらんな雰囲気を楽しもうかなと。

 

ロータス・ブリムストーン ディスプレイ

オリーブ、ミルシニテス、そしてブリムローズの組み合わせにあわせて、木箱の上にウエストリンギアを移動させました。

全体的にオーストラリアやギリシャのような、ラフで乾いた雰囲気になってきてます。

余談ですが、この玄関先を撮影するとき、いつも曇り空なんですよね、、

晴れてたらまた違った雰囲気に映るはずなんですが。

 

ロータス・ブリムストーン ディスプレイ

それはさておき、だいぶまとまってきたこの場所。

あとはスパイス的に花の色が欲しいかな。ブーゲンビリアとかいいかも。

 

ちなみに隣に置いてあるベンチで、休日にビールを飲むのが毎年春の楽しみです(笑)。

 

ロータス・ブリムストーン ディスプレイ

あとは空席になった手前のポットの中と、うーん、オリーブの鉢の足元になにかしら植物があってもいいかな。

次の休日あたりにのんびり向き合いたいと思います。楽しみ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロータス ブリムストーン(4号)
価格:594円(税込、送料別) (2019/4/11時点)

 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend