こんにちは。SHINPEIです。

前回、前々回と、『かたまりで配置する植物ディスプレイ方法』をお伝えさせてもらいました。

 

そして今回は植物単体でディスプレイする方法です。

 

この場合のディスプレイ方法。いたって単純な話で、要は『かたちが面白いものはシンプルに配置したほうが引き立ちますよ』ってこと。

さらにいえば置く場所を白壁の前などにすれば、なんていうか、ちょっとアイコンっぽくてかわいいですよね。

スマホのホーム画面にアプリのアイコンがならんでるイメージといいますか。

 

たとえばリビングのこの風景。

 

アグラオネマ・シルバーキングユーフォルビア・ホワイトゴースト、プラットフォームベンチの上のジュエル・オーキッドカラテア・マコヤナ、そして壁掛けのビカクシダ

そのかたちを単独で活かすため、すべてある程度の距離感を保ちつつ置いてます。

そしてここでもポットスタンドを使って高さをあえてチグハグに。

そのほうが独特のリズム感がでて、見ためも楽しくなりますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

植木鉢 おしゃれ ポットスタンド FR105-145 / 花台 フラワースタンド アイアン
価格:2700円(税込、送料別) (2019/1/13時点)

楽天で購入

 

 

 

まとめ役はこのシルバーキング

そのまわりにフォルム重視のホワイトゴーストや、カランコエ・ベハレンシスを従えて。

 

テーブル上には葉の模様が楽しめるマコヤナとジュエルオーキッド。

ジュエルオーキッドはバスルームに置いてましたが、寒さからか弱ってきたのでここで療養中。

 

こちらも白壁前でフォルムを引き立たせているドラセナ・コンパクタ

生長ペースはのんびりですが、繊細かつダイナミックなフォルムがオブジェのようです。

 

こちらも単体で飾ってるアロカシア・ポリー

すこし窓から離れたところなので光量が心配でしたが、問題なし。

もともとそのかたちに惹かれて購入した植物ですが、育てやすくてほんとうにおすすめです。

シューズラックがダイレクトに見えるのがちょっとアレだったので、間に置くことでワンクッションの役目をはたしてくれてます。

奥に見えるカランコエ・ファングもフォルム重視で単体で。

 

うーん、こうしてあらためてみると、本当に彫刻を置いてるような感覚になってきますね。

今回ご紹介した植物たち(というかうちにある植物全般)は育てやすさもかなりのもの。

育てることに苦手意識がある方は、ぜひこのあたりから始めてみることをおすすめします。

うちではわりと床置きが基本ですが、シェルフの上にシンプルに飾るのもおすすめの植物ばかりですよ。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend