Loading

こんにちは。SHINPEIです。

今日はきのうのつづき。

 

植物の飾りかた。/かたまりで配置する①

 

ベッドルームの植物ディスプレイです。

ここもけっこうなかたまり具合ですね。

シンボルツリー的なフィカス・ベンガレンシスを中心に、葉ものメインに構成。

ここもリビングの植物ディスプレイと同じく、中心を高くしたいわゆる『三角置き』の方法をとってます。

 

フィロデンドロン・シルバーメタルミクロソリウム・ディベルシフォリウムモンステラ・セルフィロデンドロン・インペリアルレッド、そしてフィカス・ベンガレンシス、、

ごらんのようにポットスタンドなどを使って、それぞれの高さを変えてディスプレイしてます。

が、それだけでなく、微妙に葉の色が違うもので構成してます。

こうすることで景色としての奥行きや深さが増しますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

植木鉢 おしゃれ ポットスタンド FR105-145 / 花台 フラワースタンド アイアン
価格:2700円(税込、送料別) (2019/1/13時点)

楽天で購入

 

 

 

サボテンの足元を繁らせるようなイメージで、葉もの植物を置くのも好きな方法のひとつ。

特にこのカラテア・インシグニスをはじめとしたカラテア全般は、床置きにうってつけの植物。

低いところに置いた方が葉の模様を楽しめますしね。

『背の高い植物の足元にはカラテアを』

これ鉄板のディスプレイ方法のひとつです。

 

そんなベッドルームの植物ディスプレイ。

ここもですが、『置くところと置かないところ』をはっきりと見極めて、『置くべきところにはまとめて置く』のが、最近のぼくの好きなディスプレイ方法です。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

【SNS、やってます】

インスタではわりとゆるめの日常を。

twitterではちょっとしたお役立ち情報をツイートしてます。ぜひFollow me!です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top