Loading

ベッドルームにあたらしく本棚をつくりましたが、ぼくの部屋にはもともと、同じ素材でつくったローシェルフがあります。

作った当初はまだディスプレイもさだまってなく、収納する本もレコードもスカスカの状態。

でも1年以上がすぎ、だいぶこのシェルフも成長してきました。

そう、ぼくにとってはシェルフって『成長させる家具』なんですよね。

収納するものが月日とともに増えていったりするのはもちろん、まわりに植物を配置したりすると、その生長にあわせて見える景色もグレードアップしていくって感覚です。

たとえばこないだつくった本棚でいうと、、

 

このスキンダプタスが生長して棚からあふれる感じになると、この本棚もより魅力的になると思うんです。

 

さて、ローシェルフに話を戻すと、半年前はこんな感じでした。

今となってはなんだか懐かしいなぁ、、

ジョン・デリアンのピクチャーブックとディッキアなどを使った、ちょっと毒っけのあるディスプレイをしてた時。

 

今はこんな感じに落ち着いてます。

レコードが微妙に増えてます(笑)。

購入するペースがいかんせんのんびりなので、そんな爆増はしてないですね。まだ完全には埋まってないし。

でも将来的にあふれちゃったらどうするかな、、

 

でもこのあたりのディスプレイは変わりました。

稲熊家具製作所さんのテーブルランプを中心とした無国籍なスタイリング。

ビカクシダの生長っぷりもうれしいですね。

この空気感、わりと気に入ってます。

 

同じアングル、夜の風景。

前にどこかで書いたかもしれませんが、ランプのまわりには陰影が際立つものを置くと効果的。

ここだとサンゴMIXED NEEDSのオブジェビカクシダ、そして舞乙女と、凸凹モノのオンパレード。

 

冒頭でもお伝えしたように、ぼくにとってシェルフって成長させるもの。

収納するためっていう機能がもちろん大前提ですが、プラスαで『カスタマイズするもの』っていう考え方を導入してみると、楽しいし、見た目もよくなるしで一石二鳥です。

 

そんなこんなで、これからもどんどんシェルフと遊んでいきたいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top