こんにちは。SHINPEIです。

 

植物をつかったインテリアスタイリングをしてると、どうしても目立つところに飾る植物と、あまり目立つとはいえない場所に飾る植物がでてきます。

今日ご紹介させていただく植物は正直後者。

とはいえそういう植物があるからこそ、全体のバランスがまとまる、縁の下の力持ち的で大切な存在なんですよね。

それはこちらの植物です。

 

シンゴニウム・フレンチマーブル

ベッド脇のワイヤーラックの中に飾ってる、、

 

シンゴニウム・フレンチマーブル

こちら。シンゴニウム・フレンチマーブルです。

まるでまざりきらないコーヒーフレッシュのような葉の模様が印象的なこちらの植物。

半つる性植物ですが、あえてハンギングや高いところに飾らずに、生長するにつれてワイヤーラックの中でラフにあばれるようなニュアンスにしてます。

 

シンゴニウム・フレンチマーブル

わかりやすいように、上に飾ってるキサントソーマ・リンデニーをはずして見てみます。

いまにもラックからはみださんとするような広がりっぷりになってきてますね。

 

あ、実際にはみだしちゃってる葉もいました(笑)

 

シンゴニウム・フレンチマーブル 

ちなみにこちらが購入時の様子。

昨年の夏くらいですね。

こうしてみると、けっこう生長ペースは早めです。

その見た目や、フレンチマーブルっていう名前の響きから、なんとなく繊細そうな印象をもってましたが、いやいやなかなかのたくましさをもった植物。

「植物を枯らせてしまうのがこわい、、」っていう方にもおすすめしたい植物のひとつですね。

 

これから先、あまりにも窮屈になってくるとさすがにディスプレイ方法は変えると思いますが、もうしばらくはこのラフでワイルドな姿を楽しみたいと思います。

変えるとなると、ここへ来る次の植物は何にしようかな、、

とはいえ、そんなことをイメージするのもまたいいものなんですけどね(笑)

 

シンゴニウム・フレンチマーブル

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend