こんにちは。SHINPEIです。

 

内容はいいってのはもちろんのこと、背表紙が美しい本をフィーチャー。

それを並べた様子を楽しむっていう、なんとも地味なこのシリーズ(笑)

今回で3回目ですね。

 

commune 洋書 インテリア

ちなみに前回ご紹介させてもらったのがこちら。

ロサンゼルスのデザインスタジオcommuneの仕事をまとめた一冊。『commune:Design in California』。

 

commune 洋書 インテリア

幾何学模様がちょっとネイティブ柄っぽくも見えるその背表紙は、並べた時のインパクトもなかなかのもの。

いっぺんに棚が表情豊かになりました。

 

そして今回ご紹介する本。それはこちらです。

 

洋書 背表紙 BORN READY

いわずと知れた巨匠フォトグラファー、ブルース・ウェーバーが編集する、年に一回発行されるジャーナル『All American』の第13号で、タイトルは『BORN READY』。

まず、SEAN THOMASによるカバー写真がほんとに美しいです。

このカバーに惹かれて購入を試みるも、これ、日本で定価で購入するとちょいとお高めなんですよね、、(笑)

今回はAmazonさんでかなりお得に購入できました。

 

 

洋書 背表紙 BORN READY

中身ももちろん見応えたっぷりなんですが、今回は割愛させてもらって、その気になる背表紙を。

『commune:Design in California』と同じくスリップケース使用になってます。

美しい表紙の景色が、そのまま背面、そして裏面へとつづいてくデザイン。

そしてその上に、これまた美しいフォントのタイトルがのっかってます。

 

洋書 背表紙 BORN READY

さっそくDIYブックシェルフに並べてみました。

ちょっとわかりづらいですが、向かって左側、TIM WAKERの写真集の隣に。

ちなみにここは他にアリ・マルコポロスヴォルフガング・ティルマンスなどのフォトグラファーの作品集なんかを置いてます。

 

洋書 背表紙 BORN READY

正直いってそんなに派手さはないんですが、なんていうかすこし詩的でノスタルジックなイメージが加わったような気がします。

しかしこうしてあらためて見ると、洋書のバラバラなサイズ感って、とってもリズミカル。

なんだかそれぞれがオブジェのように思えて、ますます愛着が湧いてきますね。

そんなところも電子書籍では味わえない、フィジカルな本ならではの魅力です。

 

次はどんな美しいデザインとの出会いがあるのか、、背表紙ハントの旅はまだまだ続きます(笑)

 

洋書 背表紙 BORN READY

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend