こんにちは。SHINPEIです。

 

怒涛の植物紹介、3連チャン(笑)

今日も、練馬のオザキフラワーパークさんで出会った、とあるかわいらしい植物をご紹介させていただきます。

しばらく購入を控えていたんで、うーん、なんというか、リバウンド感がすごいですね(笑)

 

おとといはベゴニア・マクラータ。きのうはシッサス・ディスカラー

どちらも葉物でしたが、今回はサボテンです。それはこちら。

 

バニーカクタス

バニーカクタス

その名の通り、ふわふわとした白いトゲと、枝分かれしたフォルムがウサギを思い起こさせるかわいいビジュアル。

和名は白桃扇といいます。

どちらにしてもかわいらしい名前をつけてもらってますね。

脳みそサボテンとは大違い(笑)

 

バニーカクタス

それはさておき、反対側はこんな感じ。

こちら側は小さめの株が密集してますね。

これはこれでおもしろいなぁ。どっちを表側にするか迷っちゃいますね。

それにしてもこの姿、砂漠に生えてる大きなサボテンのミニチュア版とでもいいますか、ちょっとした箱庭感があってグッときます。

 

バニーカクタス

トゲは白いし、ふわふわ感があるんで、やわらかく光を反射する姿が美しいです。

サボテンなんでもちろん太陽が大好き。

なので必然的に窓の近くに飾ることになると思いますが、窓際で光を受けた様子はさぞ美しいでしょうね。

 

バニーカクタス

いたるところに、こんなちいさい子株が見受けられます。

いまは冬なんでさほど生長はしないでしょうけど、これから先、どんな姿になるのか、今からとっても楽しみです。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend