Loading

こんにちは。SHINPEIです。

距離的に近いし、好きなショップが多いのでわりとよく行く自由が丘。

中でもこちらは絶対に外せない、お散歩コースに組み込まれたショップのひとつです。

 

このブログでもたびたびご紹介させて頂いてる、ブリキのジョーロさん。

先日のグランピエさんもそうですが、こちらも行くたびに新たな発見があるので、定期パトロールがかかせないのです(笑)。

 

グランピエで(たまに)出会える、イスラエルの鉢。

 

いつもサボテンたちが気持ち良さそうに並ぶ窓際。

もし植物に生まれ変わるなら、ぜひともここに配属してほしいです(笑)。

 

前からあったかな? コンパクトサイズのビザールプランツがたくさん並んでました。

 

切り込み仕立ての鬼面角。いい形です。

鬼面角は室内の窓際、日当りの良いところに置けばほぼほったらかしでOK。

このフォルムそのままに、まさにオブジェとして購入してみてはいかがでしょう。

逆に構いすぎて水をたくさんあげてしまうと根腐れするので注意が必要です。

ぼくの部屋でも育ててますが、この冬になってからは一度もお水はあげてません。

 

最近また気になりはじめたサンスベリア

これはゼラニカですかね。サンスベリア特有の葉のかたちに、シックな模様と色味。かなり好きな品種です。

こちらもかなり丈夫な植物ですが、植え替えの時期を間違えるとゆっくり枯れていくので要注意。

特に今の時期はNGです。春まで待ちましょう。

 

あいかわらずロマンティックで素敵なインテリア。

壁の色がドライフラワーによく似合ってます。

 

さてそんなブリキのジョーロさん。

気になる植物はいろいろありましたがうちもわりと手狭になってきまして、飾る場所を確保できてないので今日はスルー。目の保養のみにとどめました。

ただ一点だけ購入したものが。

それがこちら。

 

鉢穴を塞ぐネットです。

今までは100均などの排水溝ネットを使ってましたが、やっぱりこういうちゃんとしたものの方が気持ちがあがりますね。

例えるなら靴下や下着など、目に見えないところに気を配る、ような感覚に近いでしょうか。

 

しかもブリキのジョーロさんのネットはお値段的にも良心的。これでなんと100円です。

結果、排水溝ネットと同じ値段ですね(笑)。

あとこれ大事なことなんですが、やわらかいネットを使うと鉢穴が詰まりやすいです。

ちょっと説明が難しいんですが、やわらかいとネットがたくさん底石などを受け止めてしまって、ハンモック状になってしまい、そこに詰まった底石などによって水切れが悪くなってしまうんですよね。

そして結果、根腐れに繋がります。

なのでこういう、ある程度かたさがあるもののほうが安心なんですよね。

これ、こないだミクロソリウムを枯らせてしまったときに学びました。皆さまもご注意ください。

 

来るべき春に向けて、フライング気味に植え替えの準備を進める今日この頃でした。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

 

【SNS、やってます】

インスタではわりとゆるめの日常を。

twitterではちょっとしたお役立ち情報を。

そしてnoteではテキスト中心のコラムを掲載してます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top