Loading

こんにちは。SHINPEIです。

今日は前回のつづき。東京ミッドタウン日比谷の中にある、ヒビヤセントラルマーケットに行ってきた話の後編です。

 

ヒビヤセントラルマーケットに行ってきました①/Graphpaper〜一角

 

今回はスペース全体の中央に位置する本と雑貨のショップをご紹介。

ちなみにこのショップ、以前は『Library』という名前だったと記憶してるんですが、今は名前が消えてるんですよね。

エントランスのサインからも、公式サイトからもなぜかなくなってます。

まさか実際に図書館と間違える人が続出したのかな、、

と、真相は不明ですが、さっそく見てみましょう。

 

このショップはエントランスを入ってすぐ左。

ごらんの通り、外から見てもその雑多感が際立ってます。

何やら民芸的なオブジェやファブリック、陶器。そして洋服までが並んでますね。

そして上の部分に本がちょっと見えますが、他の本はどこに、、?

 

そう、このショップの最大の特徴。

外側の壁が全て本棚になってて、まわりをぐるっと囲んでるんです。

そして本の見せ方がまた独特。

それぞれの棚に、本をセレクトした人の名前が書かれてて、まるで個人の本棚を覗き見してるよう。

セレクトした人の顔なり、スタンスなりのフィルターを通すと、本にもグッと親近感がわいてきます。

とっても面白いプレゼンテーションの仕方だと思いました。

 

たとえばこの棚。

恵比寿にある高感度なブックショップ、『POST』ディレクターの中島佑介さんの棚。

中島さんセレクトということで洋書の作品集が多いと思いきや、村上春樹さんと川上未映子さんの対談本やサリンジャー関連と、意外にも文学系多し。

 

有隣堂社長の松信健太郎さんの棚は、社長らしく自己啓発系や、硬派なビジネス書中心。

 

こちらはスタイリスト二村毅さんの棚。

リチャード・セラのアーリーワークスやドナルド・ジャッドの作品集など、個人的に一番センスのよさを感じました。

二村さんはお隣にある洋服のショップ、『Graphpaper』のアドバイザーをされてます。

この本棚はヒビヤセントラルマーケットに関わった方たちの趣味を反映させてるんですね。

 

この棚も見逃せない。

ここの他にアンダーカバー(UNDERCOVER)ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)などの人気ショップの内装を手掛ける、SMALLCLONE co.,ltd.佐々木一也さんの棚です。

やはりインテリアデザイン系や建築系が多く、佐々木さんを構成するデザインのDNAが垣間みれます。

 

そしてこちらのショップ、冒頭でもお伝えしたように本だけでなく雑貨も魅力的。

国内外をとわず、味わいののある民芸品や、、

 

マド・エ・レンのプロダクトも。これいいですよね。

 

lueのカトラリーもいま欲しいもののひとつ。とくにスプーンがかわいいんです。

 

刺し子のファブリックも充実してます。冬のソファの模様替えによさそう。

 

南貴之さんディレクションということで、やはりloomerのベッドカバーも。

デザイン違いのものはぼくも愛用させてもらってます。

 

冬のベッドメイク。/loomerのベッドカバー

 

ミラーの上にこういうフォークロアなフレームを飾るの、かわいいですね。

ちなみにこちらのショップは什器もすべて購入可能出だそう。

 

これからの季節にぴったりのムートンファー。

ソファにさらっとかけるのがおすすめです。

 

などなど、ただの本屋にとどまらない見所満載のヒビヤセントラルマーケット。

個人的な見所は、こちらの本棚と一角のから揚げですね(笑)。

ぜひおなかと知識の食欲を満たしに行ってみてください。

 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top