こんにちは。SHINPEIです。

今日は『夜、お酒を飲みがなら聴きたい音楽』の第2弾。

実際にぼくが持っている少ないレコードの中からどうにか選んでお送り致します(笑)

お部屋を涼しくして、もしよければ今夜のお供に。

 

まずはこちらから。

 

①FRESH AIR 『HOMESHAKE』

アーティスト名も爽やかなモントリオールを拠点とするシンガーソングライター、ピーター・セイガーによるソロプロジェクト。

Mac DeMarco(こちらも大好き)のギタリストとしても活動してます。

2017年2月リリースなんで、このブログにしては新しめの1枚ですね。

 

アーティスト名や可愛らしいジャケットの雰囲気は、一見すると夜というより朝のコーヒーに似合いそうな雰囲気。

ただどことなく漂うメロウな哀愁が、連休最終日の夕方にベランダであけるビール、といったイメージでしょうか。

音数少なめのシンプルなベッドルーム・ミュージックですが、中毒性があってよく聴いてます。

 

続いてはこちら。

 

Ry Cooder 『JAZZ』

朝、コーヒーを飲みたい音楽でも取り上げさせてもらったライ・クーダー。

 

 

こちらのアルバムも全体的に陽気ではあるんですが、どことなくダイナーで安いビールをあおる、といった風情。

 

ホームパーティのBGMにもいいんじゃないでしょうか。

彼のアルバムでは一番聴いている1枚。

 

お次はこちら。

 

Tom Waits 『CLOSING TIME』

ご存知酔いどれ詩人トム・ウェイツのデビューアルバム。1973年リリースです。

ド定番ですが何度聴いても飽きません。これはウィスキー1択でしょう。

 

ちなみにこのリリース翌年にイーグルスが同曲をカバーしてますが、かなり爽やかな印象になってるのが面白い。

同じウィスキーでも熟成期間が違うというか。いや良い悪いではなく。

 

いずれにせよ名曲であることに変わりはありません。

 

さて4枚目です。

 

坂本慎太郎 『ナマで踊ろう』

ここでは初の邦楽。2010年に解散したロックバンド、ゆらゆら帝国のフロントマン坂本慎太郎の、2014年リリースの2ndです。

 

「人類滅亡後に流れている常磐ハワイアンセンターのハコバンの音楽」というテーマで制作されたというのが言い得て妙。(ちなみにハコバンとはライブハウスなどの専属バンドのこと)

退廃的でクセ強め。中毒性の高い1枚です。

ほんとは夏に窓を全開にして、ぬるい夜風を浴びながら瓶ビールをあおりたいような音楽ですが、今は命の危険があるので絶対にやめてください。

 

最後はこちら。

 

Bill Evans&Jim Hall 『UNDER CURRENT』

言わずと知れたジャズの巨人たちの競演。1962年リリースの傑作アルバムです。

もともとバラードだったものをアップテンポに再構築したMy Funny Valentineも素晴らしいんですが、ぼくが好きなのは5曲目の『Skating in Central Park』

 

どちらが主張しすぎる事もなく、完璧に融け合った心地よい演奏。

美しいジャケットそのままに、音の波にゆらゆら漂う感覚です。

 

以上5枚でした。

もしかしたら無意識に夏寄りになってるかもしれません。

『危険な暑さ』という言葉が飛び交う昨今。

お部屋を涼しくして、音楽でも聴きながらゆったりした週末をお過ごしくださいませ。

 

それでは今日はこの辺で、ありがとうございました。

SHINPEI

今日は外に出るのが億劫で自作カレー。

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend