こんにちは。SHINPEIです。

 

先日、羽根木のショップ、out of museumさんのフリマで出会った、巻貝の殻。

 

貝 out of museum

 

この規則的な螺旋、ずっと見てると、ほんと不思議な気分になりますね。

なんか逆説的な言い方になりますが、自然物ほど不自然なフォルムのものはないなーって思う瞬間、よくあります。

 

今日はそんな巻貝の殻を飾ってみました。

コンパクトなものなんで、あれこれ考えずにぽんと置くのがいいですね。

場所はこちら。

 

巻貝 殻 out of museum

壁に立てかけたワイヤーラック、、なんですが、これだとわかりづらいですよね。

寄ってみましょう。

 

巻貝 殻 out of museum

上から2段目のこのゾーン。

フランスの古い小説と、風合いのある人形、そして植物はハオルチア・十二の爪を飾ってます。

 

巻貝 殻 out of museum

もう少し寄ってみるとこんな感じ。

それぞれのアイテムとの調和、なんだかめちゃめちゃとれてると思います。

うーん、なぜだろう、理由はよくわかりませんが、、

もしかしたら『色味のトーンと素材感』ですかね。それかどこか切ない、哀愁のある雰囲気をもったアイテムたちだからかも。

 

ついでと言ってはなんですが、他の段もご紹介。

一番上はエスキナンサス・ラスタをメインに、ゴツっとした石と、アフリカの手彫りの人形、そして力強いフォントの洋書。

ちなみに石は赤いほうがギリシャはサントリーニ島のレッドビーチ(こんな石ばっかりで、ほんとに赤かったです)、右側がスペインのモンセラットという山で拾ったもの。

石ひとつとっても、土地土地によってぜんぜん雰囲気が変わるのがおもしろい。

 

そして3段目はアスティエ・ド・ヴィラットのノートを背景に、クリスタルやガラスビン、ゴールドの燭台で、全体的にクリーンな雰囲気に。

ちなみにビンのうしろには間接照明を仕込んでるんで、夜はまわりのアイテムがキラキラ光ってきれいです。

 

そんな、あらたに加わった巻貝をはじめ、自然物たっぷりのワイヤーラック。

こういう自然物を販売してるショップってなかなかないし、気軽に旅に出るってのも難しいんで、そんなにいっぺんに増えるってことがありません。

だからこそ、ひとつひとつに思い入れや愛着が湧くんだと思いますね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend