こんにちは。SHINPEIです。

先日ご紹介させてもらった、アデナンサス・アルバニーウォーリーブッシュ

 

アデナンサス

 

今日はこちらを飾ってみたお話です。

 

強い日差しにも、冬の寒さにも耐えられるオーストラリアン・プランツ。

やはり屋外でこそその真価を発揮するってことで、コツコツとビルドアップさせていってるベランダ脇へ。

 

あ、ちなみに前回はこんな感じで終わってました。

 

ベランダガーデン ディスプレイ

チャイポットの中に、メディテレニアン・ミステリーを入れて飾ったところでした。

 

それを置いてるこの木箱。

今回の主役のアデナンサスは、その手前にぽんと置いてみました。

 

アデナンサス ディスプレイ

こんな感じです。

ほんとは木箱の中に飾る予定でしたが、アデナンサスは日当たりが好きそうなので、急遽外に出すことにしました。

このダイナミックな葉ぶりは外に出したほうが活きますしね。

中は中で、また別の方法を考えます(笑)。

 

アデナンサス ディスプレイ

となりに置いてるプロテアがわりとしっかりした葉の形なんで、アデナンサスの細かい葉はバリエーションがついていい感じ。

色とのトーンも微妙に違いますが、全体的にはまとまってるんじゃないかと思います。

やっぱりこういうワシャワシャ系(専門用語ありそうですけど知らないので笑)、があると、屋外ガーデンは華やぎますね。

 

これで壁と、そのそばの風景のベースはわりとできたんじゃないかと。

これから手前に伸びる室外機の、うなぎの寝床のように長細いスペースのディスプレイに入ります。

こういうタイプのスペースのディスプレイはしたことないんで、はたしてどうなることやら。

楽しみながらプランを考えたいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend