こんにちは。SHINPEIです。

メディアなどでたびたび拝見して気になっていたアーティスト、オカタオカさんの個展を訪問させていただきました。

会場はこのブログでもたびたびご紹介させてもらってる幡ヶ谷のcommneさんです。

 

展示されていた作品は20点。

その中からぼく的に気になったいくつかの作品と、会場で購入したとあるアイテムをご紹介させていただきます。

 

 

オカタオカ アート

communeさんに到着。

オカタオカさん特有のカラフルな色合いが、会場を彩ります。

その様子はとっても華やかで、外から見てもおもわず足を踏み入れたくなる雰囲気。

 

オカタオカ アート

まず気になったのはこちらの作品。

この犬、抽象化されてるんですが、エッジの部分に陰影がついていて、具象的要素をプラスしてるのがめっちゃいいです。

カラフルな色合いに対してうつろな表情。このバランスも好きです。

イラストレーターとしてのかわいらしい作風より、この個展では要素を削ぎ落としてる印象を受けますね。

 

オカタオカ アート

こちらも花や壺がイラスト風にデフォルメされてるのに、リアルな表情が垣間見えるところが好きです。

 

オカタオカ アート

オカタオカさんといえば、な熊モチーフの作品ももちろんありました。

これは人気でしょうねー。購入できた方がうらやましい。

 

オカタオカ アート

ぜんぶ素敵でしたが、ぼくが一番好きなのはこちらの作品。

ギリギリまで抽象化された熊のフォルムと、陰影がつけられたエッジがあいまって、彫刻的な魅力があります。

うまく説明できないんですが、、うーん、ひとことで言えば『なんか気持ちいい』、これに尽きますね(アートって感覚的に気持ちいいかどうかをいちばん大切にしてます)。

実物をご覧いただければこの感覚、おわかりいただけるはず。

 

オカタオカ アート

物販コーナーにはこんなTシャツもありました。これかわいいな。

 

オカタオカ 

ぼくが購入したのはこちらです。アクリルのキーホルダー。

鮭を抱いた熊がめっちゃかわいい。みんなとぼけた表情だし(笑)

これ、欲をいえば立体作品がほしいですね。

 

そんなオカタオカ展@commne。

コミカルにデフォルメされたモチーフと、メキシコを彷彿とさせる鮮やかな色使い。

それが一見キャッチーなんですけど、エッセンス的に忍ばせたシュールさとのバランスがとても魅力的でした。

そして抽象と具象が織りなす独特の世界。それが今回ぼくが感じた魅力です。

 

他にもまだまだ魅力的な作品がありましたが、それはぜひ会場でごらんください。

開催は明日9/29(日)まで。

今日28日のPM6-8:00には、ご本人在廊の新刊発行イベントがあるようです。

気になる方はぜひぜひ、足をお運びください。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend