こんにちは。SHINPEIです。

リビングルームの白壁をバックにディスプレイしている、ユーフォルビア・ホワイトゴースト (タマシダが育ちすぎてみえづらいですが笑)。

今日はこちらの生長についてのお話です。

 

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

ぼくはもともと大雲閣が大好きなので、その色素が抜け落ちたようで神秘的なホワイトゴーストにあこがれがありました。

理想の形とサイズ感のものに出会えたのが、約10ヶ月前のこと。

 

このホワイトゴースト 、購入したのが真冬だったってのもあるんですが、しばらくの間まったく生長のきざしがありませんでした。

大雲閣のほうはわりと生長が旺盛なので、それ相応の伸び具合を期待してたんですけどねー。

ずっと1mmたりとも伸びないんで、ほんとちょっと心配になるくらいでした。

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

これは購入から4ヶ月ほどたった、今年の4月の様子。

春になったこの頃もまだ変化なしでした。

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

そしてそこからさらに4ヶ月。8月の中ごろ。

ふと目をやると、、

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

お、小さな枝ぶりのところが、ちょっと生長してる!

大雲閣とおなじく、育った部分はフレッシュな色合いなのでわかりやすいですね。

スペードみたいな形の葉もかわいい。

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

そこから1週間でさらに伸びてきました。

一回生長期に入ると、伸びるペースが早いみたいですね。

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

そしてそこから1週間後。さらに伸びました。

生長期に入る前の倍ぐらいの長さになってますね。

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

アップでみるとこんな感じ。うん、あきらかに育ってますね。

 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト 生長

最初の画像と比べてみても、その違いは明らか。

少しづつですが、迫力が増してきてます。

ただご覧いただいたように、育ってきてるのはてっぺんの2つの枝だけ。

他の枝はあいかわらずうんともすんとも言いません(笑)。

特定の枝だけ育つってのもなんかおもしろいですね。

 

今回わかったのは、ホワイトゴーストの生長期は限られてて、だいたい7〜9月にかけてだけってことですね。

冬にこの記事をご覧の、ホワイトゴーストが生長しなくて心配なさってる方、ご安心くださいね(笑)。

ぐんぐん育つのを想定して、あえて大きめのプラントカバーに入れましたがちょっと予想外。

まあこのプラントカバーに見合うようなサイズになるまで、あせらずのんびりと楽しんでいこうと思います。

 

created by Rinker
遊恵盆栽
¥9,180 (2019/09/15 17:45:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend