こんにちは。SHINPEIです。

毎度おなじみ、休日の定番お散歩コースのブリキのジョーロさん。

 

扱っている種類の豊富さもさることながら、その回転も早く、訪問するたびに新しい発見があります。

 

ブリキのジョーロ 自由が丘

ブリキのジョーロ 自由が丘

そしてなにげない光景がいちいち(笑)素敵。

ぼくがこちらを訪問させていただく目的は、たいてい屋外ガーデン用の植物ハントです。

こちらのガーデン自体が広くて豊かなので、好みのものに出会える可能性が高いんですよね。

そして今回の訪問でも、すぐに気になる子を見つけることができました。

それがこちら。

 

ブリキのジョーロ 自由が丘

カリステモン・シトリヌス

日本ではブラシの木って呼び名がメジャーですね。

松を思わせるシャープな葉と、シルバーがかった幹が美しい、ぼくの中ではオーストラリアンプランツといえばこれ!って存在です。

もちろん和名の由来となった、グラス洗浄ブラシにそっくりな赤い花も、たまらない魅力があります。

そんなに頻繁に出回る品種じゃないうえに、こんなコンパクトなサイズ感のものってなかなか見ないので、これは出会えてうれしかったですね。

 

カリステモン ブラシの木

というわけで即決。連れてかえりました。

低木で枝が張りだした様子は、すこし盆栽チックな趣すら感じます。

 

カリステモン ブラシの木

上から見ると、さらにその暴れっぷりがおわかりかと。

 

カリステモン ブラシの木

先端の様子。

カリステモンは5月になると、その和名どおりに真っ赤なブラシのような花を咲かせます。

これはその名残りですね。

これはこれでイエティが集まったみたいでかわいい。

 

カリステモン ブラシの木

冒頭でもお話しした幹の色味。

この乾いた風合いのシルバーと、みずみずしいグリーンの葉の組み合わせが素敵です。

 

そんなカリステモン・シトリヌス。

オーストラリアンプランツらしく、夏の暑さにも、冬の寒さにも耐えられる丈夫な植物。

乾燥にもけっこう強いので、水は土が完全に乾いてからたっぷり、のリズムをまもればOKです。

ただ置く場所は日当たりのいいところがベストですね。

 

カリステモンは一本単体で飾って、そのすっとした姿を楽しむものって勝手なイメージだったんですが、この枝ぶりのいい個体をどうやって飾ろうか思案中。

まぁそれもまた楽しい時間ですよね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend