Loading

先日ご紹介させてもらった、2枚のピカソのポストカード。

ピカソって巨匠すぎて今までインテリアには取り入れていませんでしたが、ここへきてちょっと気になります。

前衛的なイメージが年月とともにクラシカルになって、気兼ねなく付き合えるようになってきたって感覚。

 

 

さて、今日は2枚購入したうちの、こちらのお話。

 

ピカソ ポストカード

vase de fleursというタイトルのこの作品。一般的なピカソのイメージとは違った、写実的なアプローチの美しい作品です。

こちらをさっそくフレームに入れてみました。

 

vase de fleurs ピカソ フレーム

使ってなかったウッドのフレームにIN。

最近は作品の大きさにぴったりのものに飾る、というのはあまり意識せず、こんな風にラフにテープで留めたりしてます。

もともとの仕様の台紙のイエローも、期せずしていいアクセントになりました。

 

バスルーム ピカソ

飾った場所はあまり深く考えず、直感でバスルームに。

しかも壁には掛けないで、カジュアルに立て掛けるのみにしました。

全体的に、夏を先取りしたかのようなトーンになりましたね。

 

ブルー、グリーン、イエローの3色をメインにスタイリングしてます。

 

余談ですが海外のインテリア誌とか映画とかで、こういうオーセンティックな絵画をカジュアルにインテリアに取り入れているのをよく目にしてたんで、今回はそんなイメージで。

アートをあんまり仰々しく飾るんじゃなくて、こんな風にラフに気楽に付き合っていくのもいいもんです。

 

ちなみにもう1枚のLe Rêveの方はまだ飾る場所は未定。

決まったらまた後日アップしますね。

 

Le Rêve ピカソ

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございいました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top