Loading

こんにちは。SHINPEIです。

植物をディスプレイするにあたって、鉢の存在ってとても大事。

ただ一度植えてしまうと、気軽に取り替えるっていうのはなかなか難しいですよね。

植え替えに適した時期もあるし、あんまり頻繁にやっちゃうと根っこにダメージを与えますし。

そんなときに重宝するの鉢カバー。着せ替え感覚で気軽にイメージを変えられます。

 

今日のお話は先日購入した鉢カバーについて。

 

 

青山方面に行くと立ち寄る、インテリア好きにはおなじみのこちらのショップ。

 

アクタス青山店さん。

こちらで思いがけず出会った理想の鉢カバーがこちらです。

 

SLOW HOUSE バスケット

SLOW HOUSEのジュートバスケット。

SLOW HOUSEはアクタスさんのオリジナルブランドで、『地球や社会にやさしいプロダクト』をコンセプトに、雑貨から家具まで幅広いラインナップで展開しています。

こちらのバスケットは3サイズ展開で、ぼくが購入したのはMサイズ。直径25cmで、高さは24cmです。

 

SLOW HOUSE バスケット

ご覧のようにアバカ(マニラ麻)とジュートという、異なるふたつの素材で編み分けられているところが特徴的。

かといって奇をてらった雰囲気は全然なく、いたってナチュラルで素直な存在感が魅力的です。

タグ等の余計な要素もないところも好感持てますね。

 

このバスケット、被せたい鉢はもともと決まってました。

 

LILIAN MARTINEZ ドラセナ

それはキッチン脇の壁際に置いてある、ドラセナの鉢。

絶妙にくすんだ色合いのグリーンフィンガーズさんの鉢はもちろん気に入っていますが、上にLilian Martinezのアートを飾ったので、もう少しフォーキーな雰囲気でもありかなと思ってたんですよね。

 

ただイメージには合うものの、高さ25.5cmの鉢に被せるにはちょっと高さが足りないかな、、と思っていたところ、、

 

SLOW HOUSE バスケット

折り返し部分を開くとこんな縦長仕様にも。

くびれができてぽってりしたフォルムもかわいいです。

 

SLOW HOUSE バスケットドラセナ

さっそく着せてみました。

イメージ通りにあたたかみと素朴さがプラスされて、全体的にまとまりができた感じ。

サイズ感もぴったりです。

 

SLOW HOUSE バスケット

上から見るとこんな感じ。

最初にお話ししたように3サイズ展開ですし、折り返しで微調整もできるので、希望の鉢にぴったり合わせやすいところがうれしいですね。

 

素朴な表情がインテリアに落ち着きとあたたかみを加えてくれる、そんなSLOW HOUSEのバスケット。

鉢カバーとしての使い方以外にも、玄関先に置いてスリッパ入れにしたり、バスルームでくずカゴがわりにしてもよさそう。

これからの春夏に向けて、軽やかな雰囲気をプラスしてくれたプロダクトです。

 

SLOW HOUSE バスケット ドラセナ

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

 

【SNS、やってます】

インスタではわりとゆるめの日常を。

twitterではちょっとしたお役立ち情報を。

そしてnoteではテキスト中心のコラムを掲載してます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top