こんにちは。SHINPEIです。

今日はひさびさに夜のお部屋の話題。

ランプの近くに飾る雑貨はこんなのがいいんじゃないの?っていうお話です。

 

ぼくの部屋のように間接照明を多用したお部屋は、照明まわりがかっこうのディスプレイポイントになります。

たとえばお気に入りの稲熊家具製作所さんのテーブルランプまわり。

 

ここには『テクスチャーがあって陰影が効果的に演出できるもの』をディスプレイすると雰囲気がアップします。

いまはサンゴ。そして植物は大雲閣を置いてます。

あまりゴテゴテと飾りたてずに、テクスチャーのあるものをあくまでシンプルにディスプレイするのがポイント。

かつ、大雲閣のようにその造形が際立つものだとなおよしですね。

葉ものもいいんですが、造形美でいえばやはりサボテン系でしょう。

幡ヶ谷のブルペンさんで先日購入したオブジェも、いい抜け感を出しつつ、独特の存在感をアピールしてます。

これがないとなんていうかちょっとスパイシーすぎる感じになるんですよね。

 

ちなみにこういうタイプのランプは下にまるい光が落ちるので、そのまわりにアイテムをギュッとあつめるのもポイントです。

まず照明を決めてから、そのまわりに雑貨をディスプレイするのは、おすすめのインテリアスタイリング法のひとつ。

飾るところは飾る。飾らないところはシンプルに。

ディスプレイにメリハリをつけると間延びした雰囲気にならず、しまったお部屋になります。

特に照明の近くは絶好のアピールポイント。効果的につかいたいところですね。

 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend