こんにちは。SHINPEIです。

観葉植物を増やしていくにあたって、せっかくなんで効率的にワサワサした雰囲気にしたいですよね。

今日はその方法のひとつをご紹介します。

使用する植物は先日ご紹介したBIOTOP NURSERIESさんで購入したもの。

 

、、なんですがすみません。その前にちょっとこちらをご覧ください。

購入時の包装がとても素敵。

BIOTOP NURSERIESさんのホスピタリティの高さが、おわかりいただけるかと思います。

こちらは特筆に値すると思いましたのでご紹介させて頂きました。

 

その中身はこちら。モンステラ・セルです。

てっきりモンステラって、あの切れ込みの入った葉がお化けの顔に見えるから、『Monster』を語源にしてその名前になったのかと思ってたんですが、これ見ると違うのかな?勝手な思い込みだったのかもしれませんね。

 

ツヤ感のある深い色がとても素敵。

そこまで頻繁に水やりをしなくてもよさそうな顔してます。少しだけ耐陰性もありそうかな?

こうやって育て方の仮説をたてて、実際に置いて検証していくのがけっこう好き。

 

で、肝心の効率よく植物を繁らせるディスプレイ方法。

それはこのモンステラ・セルみたいな垂れ下がる植物をポットスタンドに入れて、まわりに大きさの違う植物を置くといい感じになります。

要は上に伸びていく植物と下に伸びていく植物を、大きさを変えつつ混ぜるってことですね。

ぼくの部屋でいうと大きなフィカス・ベンガレンシスと、ちょっと見えにくいですが足元にミルクブッシュを置いてます。

横にシェルフを置いて、そこに小さめの植物があればなお良し。

 

スタンドに入れる植物は下垂系。とはいいつつも、リプサリスだとちょっと繊細な印象になってしまうので、やはりこのモンステラ・セルかフィロデンドロン・シルバーメタルなんかがおすすめです。

植物の色味も微妙に変えて配置すると立体感がよりよくでますよ。

 

鉢はいま探してるとこなんですが、うーん別にプラケースのままでもいいかな、なんて気楽に思ってます。

 

このポットスタンドは高さのバリエーションがあるので、いろいろ組み合わせてみるとディスプレイの幅も広がりますよ。

 

 

今日ご紹介したモンステラ・セルとポットスタンドの組み合わせ、かなり気に入ってます。おすすめ。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend