Loading

こんにちは。SHINPEIです。

毎日暑くて(昨夜はすごい雨だったけど)、ベランダの植物も育ち盛り。

毎日触れ合ってるとなかなか気づかないけど、意外と生長してたりしますよね。

ベランダガーデン

あ、先日『実験的に縦画像メインにするかも』といいましたが、こちらの画像は数日前に天気のよかったときに撮ったもの。

まだ縦画像にすると決める前だったんですよね。

撮り直すとしても今日みたいな曇りの日だとこのとおり。

ベランダガーデン

うーんアンニュイ、、

なので今日は横画像メインです。

 

ベランダガーデン

持ち手がゴールドなので日を受けてキラキラ光るクラシカルなジョーロ。

5ℓの大容量でお気に入りです。他には白もあったはず。

 

ベランダガーデン

柱サボテン・鬼面角をここに移動したことで、ガーデン感が一気にアップ。

 

ベランダガーデン

柱サボテンはプラントスタンドに置いてます。

柵になっているベランダは問題ないんですが、ここのように壁になっているところは空気が滞りがち。

なるべく高い位置に植物を置いてあげた方が活き活きと育ちます。

そんな時にこんなプラントスタンドがあると重宝するんですよね。見た目にも抜け感がでますし。

ちなみにこちらで使用しているのは36サイズとかなり大きめ。鉢サイズの確認をお忘れなく。

 

ベランダガーデン

中央の植物は、名前もかわいいカルーナ・ガーデンガールズ。

でも名前の割に暑さ、乾燥、そして冬の寒さにも強い最強のベランダグリーン。

去年の真冬に購入したのですが、なんなく乗り切りました。今年の暑さもまたしかり。

ローズマリーウエストリンギアなど、こういう繁り感のある植物はベランダに映えますよね。

 

ベランダガーデン

コルジリネ・レッドスタータイムもプラントスタンドにIN。

ここはリビングのソファから見える景色なので、お気に入りの鉢に入れたカロタムスや古びたアイアンのオブジェを立てかけ、見て楽しめるように。

 

と、安定感ある育ちっぷりでここを守ってくれているベランダガーデンズ。

狭いですが、こんなベランダがあるだけでお部屋の魅力がグッと深まります。

『ベランダはあるけど何も手を入れてない、、』という方はぜひぜひトライしてみてください。

ただいきなりたくさん植物を置いたりするのは危険かも。

なぜならベランダはそうそう頻繁に出入りするところではないから。

そういう場所はあまり目が届かなくなる→植物を見る頻度が少なくなる→いつの間にか枯れている、という負のループに入りがち。

ではどうすればいいかというと、素敵なベランダガーデンをつくって、頻繁に出入りしたくなる習慣をつくるのが一番。

なので太陽が好きである程度乾燥に耐えられるお気に入りの植物を少しづつ揃えていって、お気に入りのベランダを作ってくださいね。

初めてのベランダガーデンには、コルジリネ・レッドスターウエストリンギアオリーブあたりが丈夫かつフォトジェニックでおすすめですよ。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

 

過去のベランダの記事もよかったらぜひ。

 

ベランダには植物を。

 

夏のベランダ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top