こんにちは。SHINPEIです。

前にちょこっと触れましたが、3年くらい前まで、ぼくはミニマリストでした。

なんか当時(今もですかね)流行ってた気がしますよね。「部屋に何もない方がクリエイティブマインドになれる」という思考。

ぼくも元々ミース・ファン・デル・ローエ(Less is moreという言葉は有名ですね)や茶道にみられる侘び寂びの精神が好きだったりと、ミニマリズムには興味がありました。

そこで一気に断捨離決行。思い立ったらムダに行動が早いんです(笑)

で、結果こんな感じの部屋になったと。

 

家具はジョージネルソンのプラットフォームベンチと、手作りの棚のみ。

ベッドはなく、クローゼットにしまっていた布団で寝てました。

いやー、この時はほんとストイックすぎた、、(笑)。

ちなみにプラットフォームベンチは今も愛用中。

ミニマリストにも、インテリア好きにもハマる汎用性の高さがうかがえますね。

created by Rinker
SKB
¥28,000 (2019/11/11 21:43:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

ミニマリストをやめた理由。

そんな当時のぼくですが、あるほんの些細なきっかけでミニマリストをやめることに。

それはこちらの雑誌、POPEYE  2016  Issue 828の、、

 

ある見開き1ページに衝撃を受けたから。

それがこちらです。

 

フォトグラファー、ライアン・マッギンレーのNYの自宅。

これを見たとき、なんていうかセンスの塊で頭をガツンと殴られたような感覚になりました。

この衝撃は高2の時に初めてOASISLIVE FOREVERを聴いたとき以来かもしれません。※音量ご注意

 

 

これを見た時に、本来のインテリア好きの血が沸々とわき上がり、ミニマリスト生活に終止符をうったというわけなんです。

とにかく、ぼくが生まれて今まで目にした部屋の中で、文句無しに一番かっこいいですね。

『好き』が詰まってて、雑然としてて、なのに一貫性がある。

ミニマリズムがクリエイティブマインドを育む、というのはあながち間違いではないと思います。

 

ミニマリズムの落とし穴

ただこればっかりは向き不向きで、ぼくは最初こそ快適でしたが、だんだんモノが増えるのが許せない、ある種の強迫観念性みたいな感覚になり、これはちょいとマズイんでは、と思うようになりました。

少なくともぼくはモノから得られるインスピレーションを大事にする生活の方があってるようですね。

今のお部屋がなければこのブログも存在しなかった訳ですし。

 

ところで、この号のポパイはライアンの部屋以外にも面白い特集が満載で、ぼくにとってバイブル的一冊。

キッチンツールの話や、、

 

照明の話など。

 

ライアン以外にもかっこいい部屋に住んでる人がたくさん登場したり、読み応えあります。

ライアンの部屋は、インテリアで迷った時、ふと眺めて立ち返る、そんなページ。

少なくともしばらくはミニマリストになることはないでしょう(笑)。

もし今、ミニマリストを続けることを悩んでいて、もともとインテリアが好きだったという方がいらっしゃいましたら、ぜひまた一緒にインテリアを楽しみましょうとお伝えしたいです。

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

追記:ミニマリズムについてのnoteも書いてみました。ぜひご覧くださいませ!

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend