こんにちは。SHINPEIです。

ビカクシダとドラセナに続き、『インテリアに映える観葉植物』の第3弾。

 

今回ご紹介するのはこちら。

アロカシア・ポリーです。

 

植物好きの方々をまとめた洋書が好きでよく見るんですが、かっこ良いなーと思う部屋にはこれがあることが多くて、前から気になる存在でした。

そしてついに先日、やーっと出会うことができました!

三軒茶屋のグリーンフィンガーズさん。さすがです。

その魅力は何と言っても葉のかたちとシックな色み、ツヤ感、、

 

洋書きっかけで知ったのもあり、海外感を強く感じちゃいます。

今はディスプレイラック脇に置いてますが、もっとシンプルに単体で見せてもいいかも。

例えば白壁を背景に、ヴィンテージのアイアンスツールの上に置いたり、、

もう少し小さいものだったら、ラフに重ねた洋書の上に置いたりなんかもかっこいい。

なんて、想像力を刺激してくれるんですよね。

 

お値段はこのサイズ感で¥4,500-でした。

どちらかといえばお高い部類に入りますが、風通しのいい半日陰に置いてあげれば枯らす確率も低いです。

水やりの頻度も少ないですし、割と手がかからない子ですよ。

ただ葉もののご多分に漏れず、夏の直射日光だけにはご注意くださいね。

 

アロカシアは品種も多く、それぞれ違った魅力があって絶賛ハマり中。

良い出会いがあれば少しづつ増やしていきたいですね。

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend