こんにちは。SHINPEIです。

 

思いのほか広がりのあるフォルムになりつつあるんで、先日お引越しをさせたディフェンバキア・ドラゴンスケール

 

ディフェンバキア・ドラゴンスケール

うん、ここなら少々ダイナミックに育っても、歩くときうっかり葉に当たったり、なんてことはなさそうです。

 

さて、もともとここに飾ってたのはミルクブッシュ

横への広がりは少なめなんで邪魔にならないだろうってことで、玄関先へと移動してもらいました。

ちょうどトレードするかっこうですね。

 

ミルクブッシュ ディスプレイ

なかなか収まりがいいですね。

ここは細かく穴のあいたLYONシェルフのラックに靴がならんでたりと、わりとごちゃっと感のある景色。

そこへ細かく枝分かれしたミルクブッシュを合わせてるのに不思議とうるさくならないのが、インテリアエレメンツとしての植物のすごいところかなって思います。

 

思えばこのミルクブッシュ。

お部屋の中を移動した回数で言えば、もしかしたらうちの植物の中ではいちばん多いかもしれません。

 

たしかいちばん最初はここだったかな。LYONシェルフの上から始まって、、

 

よく光にあててあげようと思い、ベッドルームの窓際、モンステラ・セルの足元へ。

 

ミルクブッシュ 飾り方

それからけっこう生長してくれたんで、ロングポットに植え替え、キッチンの白壁前の目立つところへ。

 

ミルクブッシュ ディスプレイ

そしてこれがすこし前。

ミラーの横の余白を埋めるように、リビングルームとベッドルームの間にディスプレイしてました。

 

あんまり頻繁に移動させることは植物にとってストレスになるんで控えたいんですが、どこに飾っても映えるオールラウンダーなミルクブッシュに、ついつい甘えてしまうのが正直なところ。

 

いずれにしてもこのミルクブッシュ。

どのディスプレイにしても、その細かい枝がごちゃっと感を強調してくれて、見応えのある景色をつくってくれるってところがポイントです。

そしてそれはミルクブッシュが大きければ大きいほど効果的。

小さいのももちろん素敵ですが、これから購入される方は、思い切って大きめサイズのものを検討されてはいかがでしょう。

水やりもそこまで神経質にならなくていいし、ほんと育てやすいですしね。

それでいてとってもフォトジェニック。

いいとこ取りなその魅力を再認識しました。

 

ミルクブッシュ ディスプレイ

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend