こんにちは。SHINPEIです。

 

ぼくは急なトラブルとか、行き当たりばったりとかが嫌いなので(好きって人はあんまりいないと思いますが)、なんでもルーティンにパターン化するのがけっこう好きだったりします。

トラブルを楽しめる人がうらやましかったりもするんですけども、そうなるには今世ではむりみたいですね(笑)

そんなわけで休日の過ごし方ひとつとっても、いくつかのパターンをもってるんですが、こちらのお店もそのパターンにいれさせてもらってるひとつ。

 

CITY COUNTRY CITY 下北沢

下北沢のCITY COUNTRY CITYさん。サニーデイ・サービスの曽我部恵一さんが経営してらっしゃる、下北沢駅から徒歩1分のビルにあるカフェです。

こちらが提供されているパスタが、ほんとに絶品。

下北沢でランチとなると、当然ながらまわりにはいいお店がたくさんあります。

ただこちらに来るとなんていうか、『休日感』を強く味わえるんで、自然と足が向いちゃうんですよね。

 

店内に入るとまず見える光景。

そう、CITY COUNTRY CITYさんはレコードショップが融合したカフェなんです。

食事が完成するまでの間、もしくは食後に、レコードをのんびり探すのが至福。

 

ロックからワールドミュージック、ダンスクラシックなどなど、ジャンルも多岐に渡ります。

ほとんどにコメントがつけられてるのもうれしいところ。

あ、あと、レコードはオンラインショップでも販売されてて、そちらでは視聴もできます。

なのである程度あたりをつけてから探すのもありですね。

朝、コーヒーを飲みながら自宅で視聴して、ランチのときにそれを探す、みたいに。

 

CITY COUNTRY CITY 下北沢

もちろん、視聴は店内でもできます。

 

ほぼ全景。ごらんのとおり、コンパクトで親密な空間。

過度な装飾がない素朴な雰囲気が、休日のくつろぎ感をアップしてくれるよう。

 

こちらにもレコードラックが。

けっこうたくさんの枚数があるんですが、正直、レコードを探してるお客さんはあんまりみたことないかもです(笑)

こののんびりした空間で、おしゃべりを楽しんでる方々がほとんどといった印象かな。

 

カウンター席と、この日のメニュー。

 

そしてまずは休日ビアー。

こちらの生ビールはハイネケン。いちばん好きな銘柄です。

そしてなんといってもこの、画像から伝わるグラスのキンキン具合がポイント高いですよね。

 

ビールを飲みつつ、レコードを掘りつつしてるうちに、パスタが到着。

この日は日替わりメニューの、厚切りベーコンとマッシュルームとバジルのパスタ。

一度召し上がっていただければおわかりだと思うんですが、こちらのパスタ、味はもちろんのこと、食感がモチモチしてて最高なんです。

 

ちなみにこの日購入したレコードはこちら。

 

LULA CORTES E ZE RAMALHO

LULA CORTES E ZE RAMALHO / PAEBIRU。

信頼できる友人のDJがリコメンドしてて、気になってた一枚。

土着的かつ幻想的なブラジリアン・サイケ。最高です。

 

 

そんな、いくつかある休日のパターンのひとつの、CITY COUNTRY CITYさんでのひととき。

みなさんもぜひ、レコードハントをしつつ、絶品パスタをご賞味ください。

もちろん、キンキンビールもお忘れなく。

 

CITY COUNTRY CITY 下北沢

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend