こんにちは。SHINPEIです。

 

先日はじめて訪問させてもらった、青山のはずれにたたずむショップ、Tastemakers & Co.さん。

 

The Tastemaker&Co. 青山

インテリア雑貨からアパレル、植物まで、幅広い商品構成のこちら。

このときの訪問は、あるアイテムがお目当てでした。

 

それがこちら。真鍮のコートフックです。

鈍い光を放つ、クラシカルなフォルムがいい雰囲気。

これ、ぼくのお部屋のとある場所に取り付けたいんですが、そういう作業って、休日にのんびりしたいんですよね。

最近はありがたいことにお仕事を忙しくさせてもらってるんで、付けるのはちょっと後まわし。

かわりに今日は、このとき購入した別のアイテムをご紹介させていただきます。それはこちら。

 

インド ドアベル

インド製のドアベルです。

現地では文字通りドアに吊るして、音で厄を退ける、魔除けとして使われてるみたい。

 

インド ドアベル

こちらも鈍く光るゴールドですが、ラフなテクスチャーが味わい深いですね。

 

インド ドアベル

こんなところもとことんラフ。シンプルに麻紐がくくられてます。

ディアスキンの革紐なんかにアレンジしてもよさげ。

 

インド ドアベル

そしてぼくが興味をひかれたのがこの部分(ちなみにここ、舌(ぜつ)って名称なんですね。はじめて知りました)

イメージ的にはここも金属製で、音はチリンチリンってのを思い浮かべてました。

でもこちらはごらんのとおり木製なんで、思いのほか柔らかい音色なんですよね。

よかったら実際に聴いてみてください。こんな感じです※音が出ます

 

うん、こうして聴いてみると、たしかに厄を静かに退散させてくれそうな、厳かな音色に感じますね。

 

インド ドアベル

さてそんなインドのドアベル。

飾る場所は最初からイメージしてました。それはここ。ブリキのジョーロさんのビカクシダのこの部分です。

無骨な印象のクギが打ってあって、今はごらんのとおり小さなベルを下げてます。

ここにもう少し大きめのベルをぶら下げると、ウォールデコレーション的におもしろいんじゃないかなーなんて。

まぁ本来はドアベルなんですが、開け閉めのたびに音がでると、ご近所さんも気になるかなと(笑)

 

インド ドアベル

せっかくなんで小さいのもいっしょに下げてみました。

もっといろんなタイプのベルを、まとめてがさっと下げてもかわいいかもですね。うっかりベルコレクターになりそう(笑)

 

ちなみにTastemakers & Co.さんでは、ひとまわり小さいタイプも販売されてました。

窓際のカーテンレールにハンギングした植物のそばに下げたり、いろいろディスプレイに活用できそうですね。

調べてみると似たようなものがネットでも購入できるみたい。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend