こんにちは。SHINPEIです。

今日はちょっとしたお遊びを。

ドライフラワーを一本だけ使った、簡単なウォールデコレーションのお話です。

 

 

ドライフラワー ウォールデコレーション

ベッド脇に設けた、木箱を重ねただけのシェルフ。

『植物の見せる収納場所』って感じのスペースです。

 

ドライフラワー ウォールデコレーション

そしてその上の壁にはこんなふうに、ブリキの鳥の親子を飛ばせてます。

ただこないだ、お隣にあるフィカス・ベンガレンシスの向きを変えたところ、小鳥のほうがちょっと隠れて見えづらくなっちゃいまして。

そこで位置をすこしだけ変えることにしました。

 

ならばもう少し遊んでみようということで、ちょっとしたひらめきをもとに近所の花屋へ。

 

ご近所のUn Naturalさん。

花屋なので観葉植物はあまり置いてませんが、ドライフラワーが必要なときにちょくちょくお邪魔してます。

ブーケをつくっていただいたことはないんですが、こちらは店舗デザイン含めトータルのセンスがいいので、きっと素敵なはず。

 

ドライフラワー ウォールデコレーション

で、購入したのはこちら。

着色されたエノコログサ。いわゆるねこじゃらしですね。

一本だけなのに、こんなに素敵に包装してくれるのも、ホスピタリティの高さがうかがえます。

 

ドライフラワー ウォールデコレーション

さて、包装紙をはがしたこちらをどうするかといいますと、、

 

ドライフラワー ウォールデコレーション

先ほどの親鳥にくわえさせました。

やり方はいたってシンプル。くちばしの位置に、虫ピンで留めただけです。

ピンがNGだったら、ラフにマステを貼るのもありなんじゃないでしょうか。

これ、なんだかちょっと楽しい雰囲気になりましたね。色もいいアクセントになってますし。

あ、鳥たちの位置も、微妙にですが変えてます。

 

ドライフラワー ウォールデコレーション

引きで見るとこんな感じ。

ディスプレイにちょっと動きがでたんじゃないかと思います。

 

これ、季節によって変えてもいいし、種類のちがう数本をまとめてくわえさせてもかわいいかも。

ドライフラワーはまとめてスワッグにするのも素敵ですが、こんな風にさりげなく、一本だけを手軽にとりいれてもけっこう楽めます。

ドライフラワーとの気軽なつきあい。いかがでしょうか。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend