Loading

先日ご紹介させていただいたアフェランドラ・ダニア

 

 

白い葉脈が美しいこのダニア。葉の特徴をアクセントとして活かすディスプレイが良さそう。

さっそくディスプレイしてみましょう。

 

その前にまずは鉢えらび。

葉にインパクトがあるので、鉢は主張控えめに。

素朴なテクスチャーがいい風合いの、素焼きのものをチョイスしました。

もちろんまだ寒いので植え替えはせずに、中に入れただけ。

 

で、置いた場所はこちらにしました。

 

お部屋の中央の壁の近く。カラテア・ワルセウィッチフィカス・バーガンディに埋もれるように。

ダニアは単体で置いても素敵ですが、こうやって別の植物とまぜて、アクセント的に飾るのもありだと思います。

まあこれに限らず、植物をたくさん飾るときは同じ色味や模様で揃えず、あえていろんなデザインのものを混ぜると、印象に奥行きや立体感がでるんですよね。

あ、あと、ダニアは寒さに非常に弱いので、温度の下がる窓際をさけたのも理由のひとつです。

 

上から見てもそれぞれの葉の美しさが際立ちます。

 

これはインスタにアップした画像。

こんな感じにシンプルに白壁バックにスツールに置いてもいいですね。

 

そんなフォトジェニックなアフェランドラ・ダニア。

主役にも名脇役にもなれるポテンシャルの高い植物です。

実はかなりコスパもいいので、気になる方はぜひインドアグリーンに取り入れてみてくださいね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top