こんにちは。SHINPEIです。

毎日、とはいきませんが、余裕のある朝はドリッパーでコーヒーを淹れます。

電気ケトルでお湯を沸かして、グラインダーで豆を引いて、蒸らして、お湯を注ぐ。

時間と手間が少々かかりますが、この一連の行為自体がもうエンターテイメントといいますか、豊かな時間だなと思います(休日なんて特に)。

何より格段に美味しいですしね。

そんな時間のために必要なコーヒーツールは、こうしてひとまとめに置いてます。

 

 

ちなみにこの『ワイヤーバスケットの中にひとまとめに入れる』ディスプレイはローマン&ウィリアムズの作品集の一コマにインスパイアされて。

色褪せない名著です。

created by Rinker
¥5,485 (2019/08/25 02:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

ワイヤーのカゴはPUEBCOさんのもの。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PUEBCO(プエブコ) ワイヤーボックス Mサイズ
価格:2376円(税込、送料別) (2018/7/12時点)

 

 

あ、そうそう、ミルクブッシュの代わりに、ここは大雲閣のポジションになりました。デロンギの電気ケトルとの相性が良いなと思いまして。

 

鳥のポストカードはコルビジェ先生の代表作、ロンシャンの礼拝堂を訪れた際に購入。

KILIWATCHはよく行ってたパリの古着屋です。

ステファン・ケニーのポスターは同じデザインで『BEER』じゃなくて『COFFEE』もあったんです。

ただ当初こういう使い方を想定してなかったので、、(ビールも好きだし)

いやーほんとそっちにしとけば良かった。

 

さて話を戻します。

 

左から、贔屓にさせてもらってるコーヒーロースター、Obscura Laboratory さんのキャニスター。

マットなブラックがキッチンの風景をバシッと締めてくれます。

昔コーヒーに疎かった時、豆を購入した際の袋のままで管理してたんですが、これに代えた時の鮮度の持ちの良さに驚きました。

あとこれを持っていくと100gにつき50円引きしてくれるのが嬉しい。

ちなみに豆はずーっと深煎りのグァテマラ一本です。

 

となりのコーヒーミルはカリタさんの。

いたってノーマルなプロダクトですが、うちの雰囲気に合いすぎるくらい合ってるので、もうしばらくはこれを使うつもりです。

世の中には便利な電動グラインダーなんかもあるんですが、これでガリガリやる時間もなかなかいいもんです。

ただ2人分までならなんとか耐えられますが、3人分以上作る時はおすすめしません。絶対しんどい(笑)

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥1,580 (2019/08/25 02:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

ドリッパーはKINTOさんのSLOW COFEE STYLEシリーズのものを。

もうかれこれ5,6年使ってます。

上下一体型でミニマルなデザインと、紙フィルター不要のステンレスフィルターが特長です。

以前は紙フィルターのドリッパーを使ってたんですが、紙がコーヒー本来の旨味や香りを吸収してしまう、という話を聞き、こちらに代えました。

正直味の大きな違いは感じませんでしたが、やっぱり紙フィルターの購入が不要なことと、ゴミが出ないことは大きなメリットですよね。

 

そうそう、ミニマルで思い出したんですが、これを購入した5,6年前はぼくミニマリストだったんです。

なんか急に発作的に断捨離したくなって、一気に捨てちゃいました(ちょっと危ないやつですね)。

その時メルカリがあればけっこうなお小遣いになってたかも(笑)

で、当時の画像を探してみたら、一枚だけ残ってました。

こちら。

 

坊さんですやん。

前に住んでた部屋なんですけど、本当にこれだけしかモノがなかったです(洋服とか布団はクローゼットへ)。

こんな生活が2年くらい続いたのかな、とある些細なきっかけで止めちゃいましたね。そのお話もどこかでできれば。

 

で、KINTOさんのドリッパーですが、使い勝手も良いし、どんなキッチンにもはまりそうだし、おすすめです。

created by Rinker
KINTO (キントー)
¥3,450 (2019/08/25 02:31:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

マグカップは変わらず青木良太さんのBling-Blingが調子いいですね。

 

テクノロジーの発達でどんどん効率的になっていく世の中ですが、こうしたコーヒーやレコードなど、一見無駄な行為に豊かさを感じてしまう今日この頃でした。

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

お供はnukumukuさんのフランスパンドーナッツ。

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend