こんにちは。SHINPEIです。

 

ぼくはだいたいの場合、まずは植物を飾りたい場所を決めて、そこに合いそうなものと出会ったら購入するって流れが多いです。

そうすれば植物があぶれてしまうことも少なくなるし、先に飾る環境がわかってるぶん、そこに合いそうなものを選ぶんで(日当たりが悪いとか、湿気が多いとか)、枯らせてしまうリスクもある程度減らせることができますしね。

日々を過ごす中で、「ここにこんな植物飾ったらよさそうだなー」ってことがよくある(ありすぎる)んですけど、またひとつ、そんな場所が増えちゃったってお話。

 

柱サボテン 鬼面角 飾り方

それはここ。先日ご紹介させてもらった、右に飾ってる柱サボテン・鬼面角の足元です。

 

 

南青山のSOLSO PARKさんで購入したばかりのこの鬼面角。

前に飾ってたのより大きくて迫力あるのはいいんですが、そのぶん足元のカラテア・インシグニスとのバランスがすこしちぐはぐな印象になっちゃったんですよね。

鬼面角とインシグニスの間にもうひとつ、中をとりもつ形のミドルサイズの植物が欲しいところです。

 

というわけでまずは鉢選びから。

渋谷のアーバンリサーチさんにかろうじて残っているグリーンフィンガーズさんのオリジナルポットから、希少なロングサイズをGET。

色味もいい感じのアクセントになってくれそうです。

 

鉢 シミュレーション 飾り方

さっそく置いてみました。ベーシックな三角置きですね。

こうやってサイズの違うものをまとめて飾ることで、まとまりのある風景になります。

あとは肝心のどんな植物を飾るかですが、うーん、うしろがサボテンなんで、ここはやっぱりサボテン系よりは、葉ものがいいかなぁ。

しかもとなりのインシグニスとかぶらないような印象のものがベターですかね。

もしくはインシグニスを赤い鉢に移して、空いたほうに小さめの植物を入れてもいいかも。

植え替えをせずに購入時のプラ鉢のままで育てると、こういうときにフレキシブルでいいですね。

そのあたりのお話は、よかったらこちらのnoteでどうぞ。

 

 

鉢 シミュレーション 飾り方

ちなみに向かいにはこないだthe GARDENさんで出会った溶岩でできた鉢を。

ここにも絶賛植物募集中です。

 

そんなインテリアグリーンの楽しい宿題。

実はこの他にも飾りたい場所がいくつかあるんで、まとめて解決するためにも、近々グリーンハントに行きたいと思います。

ぴったりのものに出会えるといいなぁ。

 

鉢 シミュレーション 飾り方

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend