こんにちは。SHINPEIです。

猛烈な勢いをもった、台風19号が接近中です。

今週末の12〜13日にかけて、関東を直撃予定とのこと。心配です。

 

屋外 植物 台風対策

こちらはうちの玄関先に置いている、シンボルツリーのオリーブの木。

対策としては、屋内に入れてあげるのが一番なんですが、いかんせん大きいしかなりの重さなので、それはなかなか厳しめ。

なので置いた当初から、ワイヤーで本体と鉄の柵とを結んで固定してます。

 

屋外 植物 台風対策

こんな感じです。

そのおかげで15号のときは倒れることなく無事でした。なければ確実に倒れてましたね。

 

ただその時、オリーブは無事だったんですが、根元の寄せ植えがけっこうダメージを受けちゃったんですよね。

アメジスト・セージロータス・ブリムストーン。そしてセダムなど、左右にダイナミックに張り出したり、または垂れ下がっていくように生長している植物たちは、風のあおりを受けて、はためくことがダメージにつながります。

 

屋外 植物 台風対策

それが教訓になり、これははためき防止が必須だな、ということで、全体を麻ひもでしばることにしました。

 

屋外 植物 台風対策

どういうことかと言いますと、まずは寄せ植えの上のほうから、全体をひとまとめにしてぎゅっと、かつ優しくしばります。

 

屋外 植物 台風対策

上だけじゃ不安なので、下のほうも同様にぎゅっとひとまとめ。

こうすることで風の抵抗をおさえて、はためき防止になります。

 

屋外 植物 台風対策

ユーフォルビア・ミルニシテスセダムも、同じようにやさしくしばってはためき防止。

あ、あと2、3本増やしてもいいかなって、これ見て思いました。

 

屋外 植物 台風対策

ワイヤーのおかげで、前回の15号の時は転倒をまぬがれましたが、念のためオリーブ本体も追加で数カ所を固定。

でもこれはもっと丈夫な紐のほうがいいですね。

ちなみに木の幹となにかを結ぶときは、幹の太い、なるべく上の部分とを結ぶほうがいいです。

下のほうだと、葉が受けた力がそこにばかり集中して、最悪バキっと折れてしまう可能性があります。

 

屋外 植物 台風対策

以上、これだけの簡単な作業で、植物へのダメージはかなり軽減できると思います。

そしてもちろん、これ以外の持ち運びできる鉢はすべて、室内に入れます。

規模は15号以上といわれている19号。

みなさまもほんとうにできる限り、最大限の警戒と備えをしてくださいね。

みなさまの植物たちが傷つかないことを祈ります。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend