こんにちは。SHINPEIです。

鹿の角のようなインパクトのあるフォルムをもつ植物、といえばそう、ビカクシダ

存在にとても力があるので、お部屋に飾ると効果的に雰囲気を変えてくれる、それはそれは頼もしい存在です。

 

ビカクシダ ハンギング

ぼくの部屋にあるビカクシダはほとんどが壁掛けタイプ。

ただ先日、はじめてハンギングタイプのものをベッドルームの真ん中に吊ってみたところ、たちどころにジャングル感がアップしました。

あらためてその存在感の強さを感じた次第です。

 

そしてその存在感はいわずもがな、昼だけじゃなくて夜も存分に発揮されます。

間接照明に妖しく(?)浮かび上がるその本体はもちろん、その影すらも楽しめるのがビカクシダのいいところ。

今回はそんなビカクシダの、夜の姿をお届けします。

 

 

ビカクシダ(コウモリラン) 影

さっそくですがこちらが夜のビカクシダ。

いかがでしょう。うん、やっぱり妖しいですね(笑)。

 

以前にもお伝えしましたが、ぼくの部屋は植物に照明をあてるように、また逆に照明を囲むように植物を配置してます。

 

ビカクシダ(コウモリラン) 影

このビカクシダもART WORK STUDIOさんのペンダントランプのそばにハンギング。

こうすることによってビカクシダ本体が照らされて浮かび上がるだけじゃなくて、、

 

ビカクシダ(コウモリラン) 影

ご覧のように、壁に影が映ります。

この影が夜のインテリアの雰囲気アップに効果的なんですよね。

そしてビカクシダならではのフォルムは影にもその特徴があらわれてて、とってもかっこいい。

 

created by Rinker
ART WORK STUDIO(アートワークスタジオ)
¥14,040 (2019/09/15 22:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちらは以前にお話した、リビングルームのビカクシダ。

こっちのほうが、下にテーブルランプを置いてるぶん影がくっきりですね。

 

ビカクシダ(コウモリラン) 影

ちなみに、ペンダントランプのそばにハンギングするときは、ランプよりちょい上にするのがポイントです。

そうすれば天井付近を、広い範囲で影が覆ってくれます。

 

お部屋の夜の雰囲気をアップさせたいときは、照明にこだわるのと同じくらい影にこだわるのが非常に大切。

影をデザインするときは、ぜひぜひビカクシダを取り入れてみてくださいね。

 

そんな、影まで美しいビカクシダでした。

 

ビカクシダ(コウモリラン) 影

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend