こんにちは。SHINPEIです。

 

ベッドルーム脇の壁に掛けてある、クラシカルな雰囲気のベースにタイポグラフィが描かれた、オーバルのフレーム。

 

ウォールデコレーション 植物

三軒茶屋にあったグリーンフィンガーズさんで出会ったこちら。

中が空白のままでもなんだかシュールな雰囲気あってかっこいいかなって思ってたんですが、ちょっとアレンジしたくなり、幡ヶ谷のForagerさんでスワッグをオーダーさせてもらいました。

 

forager スワッグ

こちらとフレームを絡めたディスプレイをしてみようと思ってたんですが、ふと試してみたい別のアイデアが。

なのでスワッグは同じくベッドルームの別の壁に飾り、さっそくそのアイデアを試してみることにしました。

 

照明 フレーム 

で、まず用意したのはこれ。

ぼくの部屋ではけっこうな数を使ってる、ELPAのコード付きソケット

これ、めっちゃ使えます。夜の間接照明の名脇役。

ぼくなりの使い方とかは、よければこちらの記事をご覧くださいませ。

 

いつもはブラックを選ぶんですが、今回はホワイトにしました。

あと、なるべく光量は少ないほうが良さげなんで、E12、5Wのナツメ球をセット。

 

照明 フレーム 

それをいたってシンプルに、こうやってフレームのど真ん中につけるだけ。

穴が目立たないように、虫ピンで止めました。はい、これで終わりです。超簡単。

ちなみにこういうときのコードは隠そうとすると逆にあざとくなるんで、あえてラフなままでいいんじゃないかなと。

 

照明 フレーム 

ホワイトをセレクトしたんで、遠目にはそんなに違和感はないですね。

 

まぁ当然のことながら、これの真価を発揮するのは夜。

ちょっとおおげさですが、フレームと照明を組み合わせた、あたらしいウォールデコレーションの可能性を探ってみたいと思います。

そんな肝心の明かりを灯した様子は、また明日お伝えしますね。

 

照明 フレーム 

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend