こんにちは。SHINPEIです。

先日ご紹介させてもらった、青山のグランピエさんで出会った小さなチャイポット。

 

パキスタン チャイポット

 

淡いトーンのブルーグレーが素敵なこのポットに合いそうな植物を探してたところ、なかなかいい感じの子に出会いました。

さっそくですがそれはこちら。

 

メディテレニアン・ミステリー

メディテレニアン・ミステリー

いやぁ、これ、はじめて聞く名前です。

いわゆる多肉植物なんでしょうが、詳細は不明。

でも単純にこの見た目が気に入りました。

長い首に3つの頭。ケルベロスじゃないですけど、どことなくギリシャ神話に登場する怪物が頭をよぎります。かっこいい。

 

 

メディテレニアン・ミステリー

ユーフォルビア・ミルシニテスもそうですが、この規則的な葉の並び、どこか宗教観を感じる。

 

なぜミステリーって名がついてるのかわかんないですけど、そう言われるとなんとなく不思議な雰囲気に感じてきますね。

 

メディテレニアン・ミステリー

上から見るとこんな感じです。

茎の雰囲気までミルシニテスにそっくりですね。

こういうタイプの植物はミニポットに植えてもいいけど、寄せ植えにもぴったり。

寄せ植えた中の一番手前で、あえて鉢からはみ出るようにするとかわいいんですよね。

うーん、でも悩んだあげく、やっぱり当初の予定通りチャイポットに植えることにしました。

完成形はこんな感じです。

 

メディテレニアン・ミステリー

うん、なかなかいいんじゃないでしょうか。

イメージどおり、よく似合ってます。

 

メディテレニアン・ミステリー

あまったスペースには、アクセント的にニースの海岸で拾った石を置いてみました。

これ、はじめてやってみましたがなかなかいいですね。

こんどから小さくていい感じの石を見つけたら、とりあえずストックしておこう。

 

ちなみにこのメディテレニアン・ミステリー(しかしおぼえにくい笑)。出会った場所は自由が丘のブリキのジョーロさん。

こちらは求めていた植物に出会える可能性がとっても高い。さすがです。

 

そんなチャイポット入りのミステリー。飾る場所のイメージはだいたいできてますが、その様子はまた後日お話ししますね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend