Loading

うちには50種類以上の植物がいますが、生長するタイミングはそれぞれ違います。

基本いまみたいな冬の時期は生長が散漫になりがちですが、中にはびっくりするほど育っていってるものも。

そんな文字通りの成長(生長)株の中から、今日はこちらの植物にスポットをあててみます。

 

ビカクシダ

みんな大好き、ビカクシダ。

こちらはおそらくビフルカツムという品種だと思うんですが、葉の切れ込みが少ないですね。もしかしたら亜種なのかも。

 

ちなみにうちにはビカクシダが3つありまして、それぞれ1号、2号、3号と呼んでます。

 

これが1号で、、

 

これが2号。

 

で、冒頭にご紹介したのが3号です。

 

ビカクシダの生長期は春から秋にかけてなんですが、この3号の生長が最近著しい。

というのも以前はこの3号、バスルームに飾ってたんですが、、

 

ビカクシダ

うちのバスルームには窓が2箇所あり、風通しが良いのは理想的なんですが、冬の寒さはなかなかのもの。

ビカクシダの耐寒温度は10℃から15℃。

おそらくそれを下回っていたので、生長が散漫になってたようなんです。

 

ビカクシダ

そこである日、ベッドルームの窓際に移動させたところ、、

 

ビカクシダ

葉のない空白を埋めるかのように、すぐに上から新しい葉が。

やはりビカクシダにとって寒さは大敵だったようですね。

 

ビカクシダ

向かって右側、光があたる反対側からもしっかり葉がでてます。

1号、2号は光のあたる方だけ旺盛に生長してますが、3号は左右ともバランスよく育ってますね。頼もしい。

 

ビカクシダ

こちらは光のあたる側。

わかりづらいですが、中央の白い点が新葉です。

 

真冬の寒さにも関わらず、バスルームで葉を一枚も落とすことなく耐え抜いた3号。そうとう強い株なのでしょう。

しばらくはこの場所で様子を見ながら、今後の生長を見守りたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top