こんにちは。SHINPEIです。

 

ビカクシダが好きな方、けっこういらっしゃると思います。

もちろんぼくも大好きで5つほど育ててるんですが、先日、自由が丘のブリキのジョーロさんでめっちゃかっこいい子を見つけ購入。全部で6つになりました。

今日はそのニューカマーを飾ったお話と、おすすめしたい飾る場所についてです。

ブリキのジョーロ ビカクシダ

こちらがその、ブリキのジョーロさんで出会ったビカクシダ。勢いがあってかっこいいですよね!

こちらで販売されてるものは過去何度かご紹介させてもらってますが、古材にリベットでつけてあったり、風合いのあるクギが打たれてあったり、オリジナルな仕立てがめちゃかっこいいんですよね。

 

さっそくですが、飾った場所はここです。

 

ビカクシダ 飾り方

ベッドルームの、ベランダへと続く窓のそば。

ここにはもともと冬の寒さから逃がすため、バスルームにあった別のビカクシダを飾ってたんですが、暖かくなったのと同時に元あった場所へ。

空席になったここに、新しくお迎えしたって訳です。

 

ビカクシダ 飾り方

こちらの個体は奥行きがあるので、横顔もハンサム。

ベランダガーデンの風景にレイヤーが加わり、迫力が増した感じです。

 

ビカクシダ 飾り方

クギのところにはウスネオイデスをひっかけました。

風に吹かれてゆらゆら揺れる様が、のんびりのどかでいい感じ。

 

さてそんなビカクシダ、全般的に飾る場所はどこがいいかというと、今回のようにぼくは窓際をおすすめします。

窓際は風通しもいいし、光も豊富なので発育が旺盛になります。

持ってみて軽くなってるようだったら、シンクに持ってって水をジャバジャバ。

これを習慣づければ、育てるのはなんら難しいことではありません。

あ、そうそう、できれば毎日の霧吹き、これも超大事。

 

ちなみに、他のビカクシダの飾ってる場所も、、

 

ビカクシダ 飾り方

リビングルームのこちらや、、

 

ビカクシダ 飾り方

こちらなど、窓のそば。

安定して悠々と育ってくれてます。

ただお気づきかと思いますが、やはり光の注ぐ、窓側の方へと生長していくんですよね。

でもこれは、そのお部屋にあわせたオリジナルのカスタムを自らしてると思えば、それもまた愛らしいかなと。

 

今回あたらしく入ったビカクシダ。ぼくの部屋に合わせて、どんな変化をしていくんでしょうか。今から楽しみです。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend