こんにちは。SHINPEIです。

 

ぼくの部屋でメインの居場所にしてるのは、カリモク60のKチェア2シーターの上。

でも、用途や時間によっては、こちらで過ごす時間もけっこう長かったりします。

 

カリモク60 オットマン

同じくカリモク60のオットマン。

持っているソファにあわせて、素材はモケットグリーンをセレクトしました。

ちなみに購入したのは、どちらも九品仏のD&DEPARTMENTさんです。

 

カリモク60 オットマン

オットマンっていうと脚置きですが、ぼくはKチェアの対面に置いて、スツールとして使ってます。

サイズは45cm×45cm。

見た目はせまいお部屋でも使いやすいコンパクトなサイズ感ですが、座ってみると思いのほかゆったり広く感じます。

あんまりお行儀いいとはいえないですが、ぼくはこの上であぐらをかいてることがけっこう多いですね(笑)

高さも抑えてあり、Kチェアと比べて2cm低い35cm。

この地面との近さが、居心地のよさにつながります。

ぼくはローテーブルをあえて高めにオーダーさせてもらったんで、食事をするときもあんまり支障がありません。

 

カリモク60 オットマン

ご覧のとおり、すぐうしろはキッチン。

つくった料理をローテーブルに置いて、ささっとオットマンに座っていただいてます。

これが背もたれのある1シーターソファなんかだと、その都度正面にまわったり、ソファ自体を引いたりとかの動きが必要。

その点オットマンだと動きが制限されず、動線がとってもスムーズなんですよね。

 

なので冒頭でもお話したように、ぼくは食事の時はオットマンで。

食事後にゆっくりしたいときは背もたれのあるKチェアで、っていうふうに、用途によって使いわけてます。

そしてベランダガーデンを眺めながらくつろぎたいときは、きのうお話しさせてもらったイームズチェアのとこでって感じ。

 

そんなに広くないお部屋でも気分によって居場所が選べるっていうのは、なんとも贅沢だなって思います。

 

カリモク60 オットマン

Kチェアに座ってキッチンを見た光景。

背もたれがないぶん景色を妨げないんで、すっきりとした雰囲気になります。

ただ正直いうと、背もたれがあるイスやソファでもメリットはあるかなと思います。

ゆったり体を預けられるのは言わずもがなですが、背もたれが心理的な境界線になってくれて、それが居心地のよさに繋がったりとか。

フランクロイドライトのロビーチェア効果ですね。いま思いつきで勝手に名付けましたが(笑)

それはさておき、そこは好みにあわせて選ぶといいと思います。

ただオットマンと1シーターソファではだいぶサイズ感がちがうんで、そこだけはご注意を。

 

そんな、愛用歴約4年のカリモク60のオットマン。

Kチェアとの相性が良すぎ(お部屋がまとまりやすい)なんで、正直に告白すると別のオットマンに買い換えようかなって思ったこともありました(ミックス感をだしたくて、ですね)。

でも座り心地と使い勝手のよさを考えると、こちらに勝るものがぜんぜん見当たらないんですよね。

これからも浮気はせず、大切に使っていこうと思ってます。

 

 

カリモク60 オットマン 使い方

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend