こんにちは。SHINPEIです。

 

溶岩 鉢

こちら、先日ご紹介させてもらった、中目黒のthe GARDENさんで見つけた小ぶりの鉢。

一見すると石に見えますが、微妙に違ってて、なんと溶岩を削ってできてます。

 

溶岩 鉢

ごらんのとおり底穴が空いてないんで、鉢ってよりは鉢カバーですかね。

ってことは水やり頻度の少ないサボテンやユーフォルビアなんかが、その荒々しいテイスト的にも合いそうです。

 

、、なんて思ってたんですが、この溶岩特有のスカスカ感(密度の高い軽石といえばわかりやすいでしょうか)があるんで、もしかしたら水を吸うんじゃないかとふと思いました。

だとしたらサボテンだけじゃなくて、逆に水が大好きな葉ものの植物にもいけますよね。

 

溶岩 鉢 水

となればさっそく実験。

シンクに持っていき、、

 

溶岩 鉢 水

水をドバドバいれます。

 

溶岩 鉢 水

わかりやすいようにたっぷりと。

これでしばらく様子を見てみよう。

 

溶岩 鉢 水

お、かさが減ってきましたね。

下から漏れてないってことは、鉢全体に染み込んでいってるんでしょう。

 

しばらくするとさすがに耐えきれず、染み出してきました。

やっぱりこんなふうに、洞窟っぽい出方をするんですね。地味におもしろいな。

 

溶岩 鉢 水

空っぽになりました。この間、1分強くらいでしょうか。

ちゃんと水が切れることが証明できたんで、サボテン系だけじゃなくて葉ものの直植えもぜんぜんいけますね。

むしろ保水してくれる分、繊細な葉もののほうが向いてるのかも。

小さめのシダ系とかコケ系とか、ビジュアル的にもハマりそうだなぁ。

うーん、イメージが広がります。

 

そんな、思いのほか機能的だった溶岩の鉢。

中に飾りたい植物のバリエーションがグッと増えた感じでうれしいですね。

アンテナを張りつつ、よさげなものを見つけたらすぐに購入したいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend