こんにちは。SHINPEIです。

 

先日、半年ぶりに訪問させてもらった、新木場の複合ショップCASICAさん。

 

CASICA グリーン

 

ブレない世界観で、筋の通ったそのセレクトセンス。

あいかわらず気になるものばかりでしたが、このときに購入させてもらった、とあるアイテムをひとつご紹介させていただきます。

 

casica 鉢

それはこちら。

まるで、深海から引き上げたばかりのようなテクスチャーが印象的なこちらの鉢。

ぼくはどちらかというと、ツルッとしたものよりザラッとした質感のものが好みなので、この鉢はまさにツボ。

複雑な色味も素敵ですし、鉢皿とセットってのもポイント高いです。

 

CASICAさんではこんなふうに販売されてました。

それぞれ微妙に柄や大きさが違って、こういうの、どれにするか地味に悩んじゃいますよね。

結果連れて帰ったのは、いちばんバランスが好みだった一番右の子。

でもどれもそれぞれよかったですよ。

 

casica 鉢

アップで見るとこんな感じです。

こういう表面に加工を施したものって、ともすると安っぽくなりがちなんですが、これは相当完成度高いのでは。

なんていうか、嘘っぽさがないとでも言いますか。

それでいてお値段、たしか¥1,550-だったかな。これは買っちゃいますよね。

 

鉢カバーじゃないので、しっかり底穴は空いてます。

 

casica 鉢

セットの鉢皿も抜かりなくかっこいいです。

 

それでいて裏にはしっかり保護用のゴムが。

はじめからこういう仕様なのか、CASICAさん側で後から付けたのかは不明ですが、こういうのやさしいですよね。

テーブルの脇なんかに飾っても安心です。

 

前々からお伝えしているSHINPEI鉄の掟(笑)なんですが、『気に入った鉢はとりあえず購入するべし』です。

良いなと思える鉢との出会いは一期一会。

悩んでる間に完売、そして廃盤ってのがけっこうありがち。意外とサイクルが短いんです。

そしてスタイリングのときにも、気分や場所のテイストによって気軽に取り替えられるし、鉢は多いに越したことはないんですよね。

使わないときもラフにまとめてディスプレイすれば絵になるし。

入れる植物を決める前に、とりあえずで購入するのが吉だと思います。

 

ぼくもこの鉢にはなんの植物を飾るか、今のところまったく思いついてませんが(笑)、そんなことを考えるのも楽しいですしね。

鉢に負けない、力強い植物を選ぼうかと思ってます。今のところ。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend