こんにちは。SHINPEIです。

 

この季節になると、植物の流通ペースも鈍りがち。

それにあわせて自然と購入ペースもゆったりになってきました。

ぼくの部屋もそろそろ、飾るスペースに余裕がなくなってきたのもありますしね(笑)

とはいえ未知の植物に出会う機会は持ち続けたいので、お散歩がてらに訪問させてもらった、おなじみのこちらのショップ。

 

ブリキのジョーロ 自由が丘

自由が丘のブリキのジョーロさんです。

ある程度予想はしてましたが、こうして見ると、どことなく植物の数は少なめ。

全体的にスッキリ感がただよってる感じがしますね。

 

ブリキのジョーロ

いわゆる観葉植物は少なく、冬越ししやすい、屋外植栽用の植物中心のラインナップのようです。

 

春夏はワサワサしてるガーデンもスッキリ感が。

 

とはいえ『お散歩がてら』とは言ったものの、やはり手ぶらで帰ることができないのが植物好きの性。

この日はひとつだけですが、ちいさな植物を連れて帰りました。

 

ヒメツルソバ

それはこちら。ヒメツルソバです。

この見るからに野草然とした、素朴でノスタルジックなたたずまい。いいですねー。

これ、なんだか子供の頃によく見た気がしますよね。原っぱだけじゃなく、道路脇のコンクリート壁の間から生えてたような記憶があります。

 

ヒメツルソバ

よく形容される、この金平糖みたいな花。

あざやかな花もぜんぜん悪くはないですが、ぼくはこういうタイプ惹かれがちです。

 

ヒメツルソバはヒマラヤ原産で、とにかくタフ。

暑さ、寒さ、日当たりの悪さにも強いたくましい植物です。

その繁殖能力の高さゆえに、地植えにした場合は広がりすぎるかもしれませんね。

まぁそれがこのヒメツルソバの魅力なんで、ラフな印象のガーデンをつくりたいときはぴったりの植物だと思います。

 

そんなヒメツルソバ。

セオリー通り、といいますか、飾りたい場所はやっぱり屋外。

天気のいい休日なんかに、のんびり飾りたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend