こんにちは。SHINPEIです。

今日は最近気に入っている植物のディスプレイ方法をひとつ、ご紹介します。

それはタイトルにあるとおり、『大きめの鉢に、小さな鉢を合わせる飾り方。』

たとえばうちのベランダガーデン。

 

このままでも充分繁ってる感じがしますが、もう少しグリーン映えさせたいなってとき、、

 

ベランダガーデン

右側のオリーブの鉢の中。ここを活用します。

 

ロータス・ブリムストーン

飾る植物は先日SOSLO PARKさんで出会ったこちら。小さなロータス・ブリムストーン

小さいながらもワシャワシャしたその姿は、細かいスペースを彩るのにうってつけの存在です。

 

それではさっそく置いてみましょう。

 

ベランダガーデン

こんな風に、シンプルにぽんと。

 

ベランダガーデン

正面からみると、オリーブの足元が繁っていい感じ。

 

ちょい引きで。

手前に置いてあるコルジリネ・アイチアカ柱サボテン・鬼面角越しの植物ののレイヤー具合が増し、さらに魅力的な光景に。

もう少し生長すると、もっといい感じになってくると思います。

 

そんなシンプルだけど効果的な、この大鉢と小鉢を組み合わせたディスプレイ法。

初めて試したのは玄関先のここでした。

 

寄せ植え オリーブ 

寄せ植えってちょっと難易度高い気がするし、手間もかかりがち。

でもこうやって置くだけなら簡単だし、ディスプレイ的にも抜け感がでておすすめです。

中に植える植物は下に伸びていくものや、今回のロータス・ブリムストーンみたいにボリュームがあるものが向いています。

皆さまも、いまお持ちの小鉢の植物で、置いてみたら意外としっくりくるものがすでにあるかも。

ぜひぜひ試してみてくださいね。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend